乃木坂46 高山一実、お薦め本がどの作品もミステリー
今注目を集める人気女性タレントがおすすめの本を紹介するweb特集企画「本讀乙女」。第1回目は、読書が大好きだという乃木坂46の齋藤飛鳥が出演したが、第2回目も同じく乃木坂46のメンバー高山一実が登場。2月22日(月)に、ブックリスタ公式サイトにて公開された。 「ミステリーが大好きです」と語る高山がお気に入りのミステリー本を3冊紹介。各作品や、好きな作家に対する想い、普段どんな時に本を読むか、本の選び方などを、読書好きな彼女が語っている。 (特集ページより一部抜粋) —お薦めの3冊として挙げていただいたのが、どの作品もミステリーですね。 高山一実 そうなんです。ミステリーが大好きです。 —ミステリーのどういうところに惹かれますか? 高山一実 ミステリーだと先が気になって読むペースも早くなるし、読み終えた後にスッキリするのがすごく好きで。あと、一番没頭できます。本の世界に入ることができるので、それが楽しいですね。 —ミステリーって登場人物多いですよね。 高山一実 そうなんですよ。読んでると、誰だっけ?って思うこともあります(笑)。最近もアガサ・クリスティの作品を読んだんですけど、最初に登場人物が箇条書きで紹介されているじゃないですか。並べられると、こんなにいるのか!って(笑)。