callme 初となるドラマのED曲に起用
4月6日に2ndシングルをリリースするcallmeの新曲『Can not change nothing』がMBS/TBS系ドラマ「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」エンディング・テーマに決定した。 『Can not change nothing』は昨年末12月30日の川崎CLUB CITTA’のライブで初披露された新曲『Do not say nothing』をドラマのイメージに合わせるために歌詞を書き換えて完成した。作詞・作曲を担当したMIMORIは「ドラマのお話を頂き、台本など見させて頂いて、一人ひとりが違う中で、何気ない日常から自分とは違う考えや感性を知って成長していける様子を書いてみました。ドラマを観て曲にも触れて頂いて前向きな気持ちになって頂けたら嬉しいです。」と制作の意気込みを語った。 callmeの2ndシングル『Can not change nothing』は4月6日発売となり、現在各所でリリースイベントを行っている、また、3ヶ月連続で新曲を発表していく「callme Live Challenge 2016」も決定し今後の活動が注目される。