絵師456×レフティーモンスターPとのコラボで注目 ななみの新曲ボカロver.公開
3月2日リリースされるシンガーソングライター“ななみ”のミニアルバム表題曲である『桜』のミュージックビデオVocaloid ver.が本日ついに公開された。 今回の『桜』MVは“ななみ”本人歌唱ver.とボカロver.の2種類あるというのは既報の通りだが、ボーカロイドver.が先行して発表された格好だ。世代的にも“ななみ”の音楽のルーツを作った青春時代は、まさにボカロ曲全盛の時代。そんな10代の頃から“ななみ”もボカロ曲をよく好んで聴いていたとのことだが、その当時聴いていた人気ボカロ曲の持つ艶やかさ・派手さと、自身が作詞作曲した今回の『桜』の持つメロディーとの世界観の近さを肌で感じ取り、ボカロver.のMVを制作するに至ったという。 コラボレーションした人気絵師456による和テイストな画と深遠なストーリーに、レフティーモンスターPの先鋭的なトラックが絡み合い、『桜』のボカロメロディーが更に際立って聴こえてくる。なお本人歌唱ver.MVは、2月21日AM9:00にYouTubeで公開される予定で3月2日のリリースに向けてまだまだ話題の尽きない“ななみ”に大注目だ。