バレンタイン直前「だんぜん!!LIVE」男前メンバーは女心がわかるのか?
毎月第1、第3火曜日20時からニコニコ生放送で放送されている、男性アーティスト限定の音楽ネット生放送番組「だんぜん!!LIVE」の第22回放送が2月9日に放送された。 今回の放送には、番組レギュラー「CODE-V」「SOLIDEMO」「龍雅」が揃った。 バレンタイン直前企画「ユーザーアンケート100パーセントを目指せ!」コーナーからスタート。 グループ対抗戦で、「バレンタイン」や「恋愛」に因んだYES ・NOクエッションをユーザーに2回行い、ニコニコアンケートのYES回答が100パーセントに近ければ勝ちというものだ。 「SOLIDEMO」からはシュネルと中山優貴が参戦。シュネルはみんなに止められたにも関わらず「あなたの初恋は1つ上の先輩だ」という質問をユーザーに問いかけ、YES回答「8%」といった散々な結果を出した。一時はどうなることかと思われたが、中山が「告白を自分からしたことがない」という絶妙な質問でカバーしチーム合計55ポイントを獲得。 「龍雅」からは三谷怜央と岸本勇太が参戦。三谷は「チョレートのローマ字のつづりがわからない人」岸本は「はじめて付き合った人は運動部だった」という2人とも安定して数字の取れそうな質問をして、チーム合計で90ポイントと高ポイントを獲得。 「CODE-V」は前回の放送で逆福男と認定されてしまったサンウが名誉挽回できるかと注目の的になったが、「恋愛するなら(しずるの中なら)池田さんだ」という質問で「36%」とまずまずの結果となり、ナロの質問と合わせてもポイントは伸びず、チーム合計は51ポイントで最下位となってしまった。 結果、圧倒的な完全勝利で一番女心がわかる男前メンバーは「龍雅」の三谷と岸本に決定した。 後半は恒例のファミカラコーナー。今回は「寒さを吹き飛ばせ!」をテーマにしたカラオケライブを披露。 まずは「龍雅」の清水慶太が「緊張する」と井出卓也を引き連れながら「ワイルド三人娘」の『キューティーハニー』で参戦。会場で音痴といじられた清水は「世の中の男性みんながうまいわけではないんです。。。僕は音痴です・・・」と言うと、会場で爆笑が起きて、まさに寒さが吹き飛ばされたようだった。 次に「SOLIDEMO」の佐々木和也とシュネルが「ドリカム」の『何度でも』を熱唱。ファンは「カバーで出して欲しい」「この二人のコンビ好き」と二人のハーモニーにうっとり。メンバーの中山からも「俊君が歌手だと実感した」と普段お笑いキャラメンバーのシュネルを歌唱力で認めた。 最後に「CODE-V」からナロがサングラスをかけて「EXILE」の『Ki・mi・ni・mu・chu』を熱唱。ナロは完全に曲を自分のものにして歌い、スタジオが一丸になってダンス&コーラスで盛り上がった。「ナロにむちゅー!」「CODE-Vにむちゅー」とファンも盛り上がった。 ゲストコーナーは「荒木宏文」と「vistlip」が登場。 荒木は新曲『今日を取り戻せ!』(2月10日発売)が出来上がるまでの秘話や、楽曲のプロデューサーのSOPHIA松岡充との関係性を紹介した。バレンタイン時期にちなんだ理想のシュチュエーションについても話りファンを喜ばせた。 「vistlip」は2月17日発売の新曲『CONTRAST』について熱くアピールした。「元々音楽性が違うとわかってる中で活動している」とメンバー自身が自覚しており、それでも言いたいことが言える関係だからこそ一緒にやっていけると仲の良さの秘訣を語った。その他、バレンタインのエピソードや、お酒での失敗談などでも「vistlip」節で盛り上がった。 プレミアム会員のみが視聴できるコーナーではナロ、山口智也、後藤 慶太郎が「男性が女性にチョコを渡すシュチュエーション」を発表。山口は出身の愛媛弁で「好きだから付き合ってくれん?」と方言。ナロは「むらむらチョコあげる」と危険な香りを残した。バレンタインだからこそ見れる一面。是非みなさんの目でチェックして頂きたい。 見逃した方はタイムシフトから是非ご覧ください。だんぜん!!Live #22 ■ゲスト:vistlip/荒木宏文 また2月23日(火)第23回放送は番組レギュラーから「CODE-V」「SOLIDEMO」「X4」「龍雅」が登場、大好評の出演メンバーのカラオケライブをお送りするほか、MCのしずるがゲストの「SuG」「甘党男子3illfy」の2組の男前の秘密に迫ります。 「だんぜん!!Live #23 ■ゲスト:SuG/甘党男子3illfy」のタイムシフトはこちらだんぜん!!Live #23 ■ゲスト:SuG/甘党男子3illfy