高木里代子 ジャズ専門誌で史上初の水着表紙!「感謝の気持ちでいっぱい」
セクシーピアニストとしてその名を轟かせているジャズピアニスト高木里代子が、ジャズ専門誌「JAZZ JAPAN」の表紙を飾ることがわかった。今回の表紙も、そのセクシーさを隠すことなく、水着での登場となることも発表された。ジャズ専門誌の表紙が水着で飾られるのは史上初。 昨年9月、ジャズの名門フェス「東京JAZZ」で彗星のごとく現れた高木。卓越した演奏もさることながら、「セクシー」さで観衆を一気に虜にした。 「JAZZ JAPAN」では2010年8月の創刊以降、表紙を水着で飾るのも、新人が表紙を務めるのも初めて。 同誌、編集長の三森隆文氏からは「素晴らしい音楽を,素晴らしいジャズを,世代・国境を超えたあらゆる音楽ファンに届けられるよう,全力疾走で突き進んで下さい。そこに高木里代子のジャズ,高木里代子の音楽が生まれると信じています」コメントが寄せられている。 また高木自身も「こんな自由な表現を許してくださった『JAZZ JAPAN』さんの画期的、先進的な考えに感謝の気持ちでいっぱい」と感激している。 高木里代子は、明日17日にアルバム『THE DEBUT!』でいよいよメジャーデビューする。