SKY-HI 初のホールツアーで『クロノグラフ』初披露
1月20日にニューアルバム『カタルシス』をリリースしたSKY-HIが、本作を携えた全国ツアーSKY-HI TOUR 2016~Ms. Libertyを探せ~”を2月14日に金沢市文化ホールからスタートさせた。 『カタルシス』はオリコン5位を獲得し、各方面から高い評価を得た2ndアルバムで、SKY-HIのソングライティングにより、温かいメッセージと音楽性が込められた名曲だ。この世界観をバンド・サウンドにまとめあげ、スーパーフライヤーズことSKY-HI BANDやダンサーと共にライブのダイナミズムに更なる磨きをかけた充実の内容となっているとのことだ。 また初日公演では5月11日にリリースされる、新曲『クロノグラフ』が初披露となった。 ツアーにどうしても間に合わせたくて作ってきたという『クロノグラフ』は“生きる・死ぬ”を語ったアルバム『カタルシス』を経たが故のテーマともいえる“よく生きるとは何か”を綴った、たおやかなメロディーに温かいメッセージと音楽性を込めた名曲だという。ニューシングル『クロノグラフ』DVD付きは、Music Videoとメイキングが収録された『Music Video盤』と、今回のホールツアーのリハーサルやオフショットが収録された『LIVEメイキング盤』を同時リリースする。 ツアーのチケットはあいにく全国7箇所7公演の行われるホールツアーはソールドアウトとのことだが、運良くチケットをゲットしたファンは大いに期待してライブを体感して欲しい。 (C)Photo by cherry chill will