金子理江「グラビアはありのまま曝け出す感じ」目標は楽しく”ラブ&ピース”
「ヤングアニマル」(白泉社)が企画した「NEXTグラビアクイーンバトル4thシーズン」でグランプリ、準グランプリが発表された。 長期にわたるバトルを制したのは、元アイドリング!!!メンバーの佐藤麗奈だったが、準グランプリに輝いたのは金子理江だ。 金子はアイドルユニットLADYBABYのメンバー。LADYBABYは女装パフォーマーで活躍のLadybeardとミスiD2015の黒宮れいとの3人組で、コスチュームメーカー「クリアストーン」のPRユニットとして昨年結成された。センターに鍛え上げられたマッチョな身体にメイド服を纏い、外国人という強烈インパクトのLadybeardに、ミスiD2015グランプリの金子と黒宮のいたいけな美女が脇を固めるというコントラストが映える異色ユニット。昨秋には「ダウンタウンDX」にも出演し話題となった。 金子は「準グランプリと言う嬉しい結果に感謝しています。それもみなさんの一票一票がコツコツたまった結果だと思っています。おかげでものすごく”ハッピーです!!”」と元気にアピールした。さらに「ファンの方が投票してくれただけで本当に嬉しかったので、あまり強制的に(投票呼びかけ)言わないようにしてたんですけど、どんな結果でもファンの方がくれた一票は大きいと思っていたので、この準グランプリはうれしいです」と笑った。 「最初グラビアは不思議な世界でしたね。でも自分がやってみると”裸になった感じ”でとっても気分が良くって、ありのままの姿を曝け出してるなと思ったので、これからもグラビアでいろんな一面を見せられたらいいなって思います。目標は楽しく”ラブ&ピース”で”いえーい♪”」と明るく答え、記者たちも笑顔にした。 金子は現在主演映画「いいにおいのする映画」が公開中。酒井麻衣監督が、ロックバンドVampilliaを当て書きしたオリジナルストーリーで、モノクロ&パートカラーで描いた青春ダークファンタジーとなっている。 アイドル、グラビア、女優と金子の活躍のフィールドは確実に広がっている。今後も目が離せない。