AKB48グループ新旧総監督が久しぶりのチームA公演にコメント
AKB48チームAがAKB48劇場にて、2010年7月に開幕した「目撃者」公演以来、5年半ぶりとなる新公演「M.T.に捧ぐ」初日を迎えた。 チームAメンバーとして、今回参加した、横山由依、小嶋陽菜、岩田華怜、大家志津香、大和田南那、小笠原茉由、小嶋菜月、佐々木優佳里、島崎遥香、白間美瑠、谷口めぐ、中西智代梨、中村麻里子、宮崎美穂、宮脇咲良、入山杏奈、山田菜々美、樋渡結依の中で、オリジナル公演の初日を経験しているのは、小嶋陽菜、大家志津香、宮崎美穂の3名のみ。 記念すべき公演となり、また初日は大成功を収めたが、終演後に、AKB48グループ総監督である横山由依、そして前AKB48グループ総監督である高橋みなみから、コメントが発表された。 横山由依(AKB48グループ総監督)コメント 「(新公演について)今までに見たことのない公演になっていて、今のAKBを描き出した公演になっていると思います。こんなにも初日は不安なんだと実感しました。これまでは先輩たちが歩んできた道をなぞってきたので、新しい公演はどう思われるんだろう、どう感じるんだろうと不安で不安でしょうがなかったです。でも 、これがAKB48第2章が始まるってことなんだと思っているので、このタイミングで新公演が始まることを感謝しています。この公演を機に、たくさんの方が劇場に行きたいなと思っていただきたい、大切にしていきたいと思います。」 高橋みなみ(前AKB48グループ総監督)コメント 「10年メンバーをやってきて初めて客席で公演を観ました。とても楽しかったです。泣かないつもりだったのですが、1曲目から泣いてしまいました。ただ、それは感動というよりも、メンバーみんなの生き生きとした顔を観られたことからです。 新公演、そして初日ってやはり何かが違います。ファンの方の「これから何が始まるんだろう?」という表情、メンバーの「私たちこれやりますよ、どや!」っていう表情など刺激をビリビリ感じました。今回は劇場公演というよりも「SHOW」という感じで、観ていていろいろな驚きがあり、すごく楽しかったです。 」 写真(C)AKS