青山テルマ「女性の涙」をテーマにコラムニストLiLyとコラボ
青山テルマが2015年9月に発表したコンセプトEP(ミニアルバム)『GRAY SMOKE』の続編『PINK TEARS』を4月27日に発売することが決定した。 前作『GRAY SMOKE』は、清水翔太、kj、SWAY(DOBERMAN INFINITY)、ANARCHYなどの男性クリエイターとの共同作業により青山テルマのイメージする『男性像』を楽曲で表現したコンセプト作品に対して、『PINK TEARS』はフィーチャリングや詞・曲の共作、ビジュアルワークに至るまで女性アーティストとのコラボレーションにより女性に訪れる様々な「涙」を形にした作品となる予定だ。コラボレーション相手は今回発表された14歳のファッショニスタMAPPY、コラムニストLiLyのほか今後も続々発表予定。 MAPPYと言えば、世界が注目しているファッションブロガーであるが、趣味のジャズピアノでは大人顔負けの腕前といったアーティストの一面も持ち合わせている。またコラムニストLiLyはデビュー作『おとこのつうしんぼ』で恋愛に葛藤する女たちに向けたメッセージを書くと瞬く間に女子に大人気なコラムニストとなった。青山テルマと注目の女性アーティストたちとのコラボレーションは女性たちの子心に響く作品になること間違いない。 この現在制作途中の青山テルマは作品の意図を「悔し涙、嬉し涙、様々な涙を流しながら生きている女性の心に届く様な作品を作りたいと思いました」とコメントしている。 ■青山テルマ コメント 今回のアルバム『PINK TEARS』は女性の涙がテーマです。色んな場面で色んな意味を持つ「涙」。 悔し涙、嬉し涙、様々な涙を流しながら生きている女性の心に届く様な作品を作りたいと思いました。どんな時でもあなたのミカタで居てくれる様な、いつでも寄り添えるようなアルバムになればと思っています。 ■青山テルマ「PINK TEARS」Teaser Ver.1