魅惑のスタイル 染谷有香が挑発的なバニーで迫る
高身長でスタイル抜群の染谷有香が、7枚目のDVD『濡染』(リバプール)の発売を記念したイベントが、ソフマップアミューズメント館で行われた。 9月にグアムで撮影された本作品は「初めて家庭教師の設定にチャレンジしました。ドSなバニーちゃんにもチャレンジしましたし、これまでやったことのない体験が多い感じになっています」と話した。お気に入りのシーンは「やはりバニーちゃんのシーンですね。かなり挑発的なバニーちゃんで、カメラに向かってピンヒールで踏みつけたり、このシーンでは完全に笑っていなくて、お気に入りであり、一番セクシーです」とアピールした。 今回身に着けている水着について聞かれると驚きな事実が発覚。「グラビアアイドルの片岡沙耶ちゃんが私のために作ってくれたんです。私が簡単にデザインをして、バレンタインをイメージして作ってもらいました」と手作りであることを告白。しかもここでいきなりテレビ電話で片岡に電話をして制作エピソードを聞く展開になった。片岡は「私がプレゼントになるようにして下さいと言われました。私の中で染ちゃんって編み上げのイメージがありまして、胸のところに歯止めを開けて編み上げを作ったんですよ。ベランダで穴を開ける作業をしていたんですけど、寒かったけど頑張りましたよ」と説明。 バレンタイン仕様の水着を着ていることで、流れは完全にバレンタインの話しに。「まったく予定は無いです。チョコをあげる相手もいないので、自分用に美味しそうなチョコを自分のご褒美として買いたいと思っています」と語った。なにやら淋しい話しだが、こう言うところも染谷の魅力なのかもしれない。