指原莉乃がHKT48でアイドルの常識を変える
最近ではMCとしての活躍も目立つ指原莉乃。彼女が、愛してやまないHKT48でまたもとんでもないコンサートを開催する。「HKT48 春のライブツアー 〜サシコ・ド・ソレイユ 2016〜」、シルク・ドゥ・ソレイユを何処かイメージさせるタイトルとありエンタテイメント性の高いものとなりそうで、指原がHKT48で目指すべき道をしっかりと提示するライブツアーとなるだろうと期待が高まる。 一般的には知られていないが、テレビタレントとして活躍し、AKB48総選挙で1位を獲得するトップアイドルとしての顔以外に、指原は優秀な「アイドルプロデュース力」を持っている。そのプロデュース能力が遺憾なく発揮されファンの間で絶賛されているのが、近年のHKT48が開催しているライブやコンサートだ。 昨年、「HKT48全国ツアー~全国統一終わっとらんけん~」FINAL として開催された横浜アリーナ公演は、様々な仕掛けがあり他のAKB48グループ、そして48グループ以外のアイドルたちにも表現できない世界観を演出し大絶賛を得た。この横アリのステージにおいても、指原はコンセプト作りや選曲などにも関わっている事をツイッターなどでほのめかし、大きく彼女の意見が採用されているようだ。「楽しい」という以外の表現が見当たらないその演出は、指原が元々アイドルヲタクだということが関係してくる。 どんなステージを見せたらファンが喜んでくれるか、自分がお客さんとして観に来た時に何を期待して楽しんでいるか?を、しっかりとHKT48のステージで取り入れ実現させている。 横アリ公演をみたAKB48を初期から見続けるライターは、「全員で真剣にバカになって真剣に泣いて大笑いをファンとする。コンサートというより、ひとつのエンターテイメントショーと言えるのではないかと思う」と表現した。 アイドル戦国時代と長らく叫ばれ、各アイドルがしのぎを削る中、2016年のいまとなっては多くのアイドルグループが新規でファンを獲得することに苦労している。全てのアイドルグループがそうとは言わないが、閉じたファンコミュニティの中で完結するライブやイベントを行うことで、新規ファンが足を運びづらくなっているからだ。そんな中で、HKT48のライブが革新的なのは、誰が見ても楽しい、HKT48の事を知らないでふらりと会場に足を運んでもしっかりと楽しめるエンタテイメント性の高さを見せてくれることだ。 その中心には必ず指原莉乃がいて、しっかりと陣頭指揮をとっているから方向性がブレることもない。全く新しい形のライブ・コンサートをHKT48が見せてくれる。 アイドルの新しい歴史を次々と作り続けてきたAKB48。その中でも、HKT48は更に進化をしAKB48が築き上げてきたものも突破して更なる高みを目指していると思える。それは、驚くべき進化を遂げていたAKB48の中で指原がアイドル人生をスタートし、全てを間近で見てきたからこそAKB48とは違うベクトルでの舵取りが出来る唯一の存在だからだ。AKB48の良さを踏まえた上で、他のアイドル…特に指原の場合は長年ファンを務めるハロプロなどの良さも混ぜあわせ、最高のステージを作り出しているのだ。 今回の「サシコ・ド・ソレイユ 2016」でもどれだけアイドルの常識を指原がぶち壊してくれるのか、期待したい。