15歳の“超絶”美少女チェリスト Nanaが来日コンサート
先日、日本でのデビューが発表され、その上品な顔立ちと、欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の姪ということで話題となったチェリストNana。 15歳の「“超絶”美少女チェリスト」Nanaが台湾から来日し、2月4日に東京の白寿ホールで「日本デビューCD『Nana 15』発表コンサート」を開催した。 「緊張してないように見えるかもしれませんが、とても緊張しています。東京では初めての演奏なので」 「実は日本には数えきれないくらい来ている。1年に1回くらいは来ているので。これから日本で多くの方に聴いてもらえたら嬉しい」 「アルバムは15歳の私の音を記録できたと思います。いまは学生であり、役者としての仕事があり、演奏家であるので忙しいですが、すべてをできるように目指していきます」と語った。 マスコミ関係者、CDショップディーラーに加え、抽選に当選した少数の一般客が招かれた。 4月6日に発売になる日本デビューアルバム『Nana 15』に収録される『エルガー:愛の挨拶 作品12』『ラフマニノフ:ヴォカリーズ 作品34-14』『メンデルスゾーン:歌の翼に 作品34-2』『ホッパー:コンチェルト・ポロネーズ 作品14』を演奏。大きな拍手を浴びた。 最後にはアンコールとして『ラヴ・イズ・オーヴァー』を披露。Nanaの叔母である欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)が1980年代に大ヒットさせた楽曲である。Nanaは楽曲について 「ラブソングですが、歌詞がないのでチェロで表現するのは難しかった。レコーディングしたものは、いい演奏になったと思います。叔母が歌ったのは”男と女”の愛情」ですが、私の演奏は”初恋”というところです」と初々しいところを見せた。『ラヴ・イズ・オーヴァー』は日本盤CDのボーナストラックとして収録される。