ぼくのりりっくのぼうよみ 受験の合間に「文學界」へエッセイ寄稿
ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEから1stアルバム『hollow world』で昨年12月にデビューしたばかりの17歳、“ぼくのりりっくのぼうよみ”が2/5発売の文藝春秋が発行する月刊誌「文學界」3月号にエッセイを寄稿した。   又吉直樹「火花」など手がける同誌編集が、ぼくのりりっくのぼうよみ『sub/objective』のミュージックビデオを見て、本人にエッセイを寄稿しないかコンタクトを取ったことから実現。 高校3年生である“ぼくのりりっくのぼうよみ”は現在大学受験の真っ最中だが、その合間を縫ってエッセイを書いたという。