”桃ちゃん、浦ちゃん、鬼ちゃん” 学生200人と豆まき
KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社は、学割キャンペーンを2016年1月14日より開始し、2016年2月6日より新CMが放送開始される。それに伴い、2月3日に学生約200名を招いてイベントを行い、新CMの発表などを行った。 まずは、司会と観客の学生が「桃ちゃーん、浦ちゃーん、鬼ちゃーん!!!!」と呼ぶと、ゲストの松田翔太、桐谷健太、菅田将輝が登場。学生からの「街中で役名で声をかけられるか」という質問に、菅田は「回転寿司の店員さんに『菅田将輝さんですか? 失礼いたしました。鬼ちゃんですか?』と皿を数える感じで言われたことがあります。」と認知度の高さを実感していた。 「auのCMの役をもらった時の感想を教えてください」という質問に桐谷は「『浦島太郎って、、、え?!』とピンときませんでした。純粋でやさしくてめっちゃアホやったら面白いと思って、この感じで。新たなイメージを作れるのかなって」と答えた。 続いて、菅田が1分間にわたる太鼓の演舞を披露し、「緊張したんでしょうね。息をするのを忘れて、息が上がってしまいました。2,3時間ほど猛練習しました」とコメント。 2月6日から放送が開始される三太郎シリーズの新CMを会場で特別放映した後、司会の提案で「会場の約200人の学生のうち、ぴったり25人がYESと答えそうな質問をするゲーム」をすることに。そこで、菅田、桐谷に続いて質問した松田の「留学したことがある人?」で、見事25人ぴったりという結果になり、会場は大盛り上がりした。さらに、ゲスト3名の直筆サイン入り「au学割Tシャツ」というプレゼントを巡って抽選会を行い、当選した3名の学生は大喜びだった。 3日は節分ということで会場に設置された大きなバルーンをめがけて、ゲスト3名と会場の学生が豆をぶつけることに。ゲスト3名の話し合いの結果、「鬼は~内!福も~内!5ギガ!ドッカーン!!」の掛け声とともに豆が投げられ、見事バルーンは割れた。 また、CM「春のトビラ・みんながみんな英雄篇」を見ることになり、放映後、AIがサプライズ登場。『みんながみんな英雄』と『ハピネス』の2曲をミニライブで熱唱し、会場のボルテージは最高潮に。そのまま、CM同様、おにぎりを持って再登場。菅田は「うちの親はこのCMで泣いたみたいです」とコメント。会場の学生も含めた全員で記念撮影後、桐谷が「実は明日が誕生日」と告白し、AIがサプライズで『Happy Birthday to You』をアカペラ。桐谷は「素敵な35歳最後の日を迎えられました。本当に楽しかったです。ありがとうございました!!」と応じ、菅田が「短い間でしたが、おつかれっす!」と締めてイベントは終了した。