Apink アニメ「リルリルフェアリル~妖精のドア~」主題歌に決定
韓国ではトップ・アイドルとしてシーンを牽引し、2014年のデビュー以来日本の音楽シーンでも席巻中のApink。 そんな彼女たちにふさわしい楽曲と歌詞の世界がマッチングした秀逸なダンス・ポップ・ナンバー『Brand New Days』が完成した。3月23日に5作目のシングルとしてリリースされるこの曲には、春から新生活を始める日本のファンへ向けて、そっと背中を押してくれるポジティブなメッセージが込められており、日本デビューから5作目にして、ファン待望の初の日本オリジナル楽曲となる。 また、Apinkとして初めて、アニメの大型タイアップが決定。2月6日(土)からテレビ東京系6局ネット(テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送)にて放送がスタートする、「リルリルフェアリル~妖精のドア~」主題歌に決定した!同番組は、子どもたちに大人気を博したキャラクター「ジュエルペット」に続く、サンリオとセガトイズによる共同開発のプロジェクト第二弾としても期待を集めており、フェアリル=妖精たちがキャラクターとして登場する。その清楚で清純な魅力から「妖精アイドル」とも称されるApinkには、まさにぴったりのタイアップとも言えるだろう。 <Apinkからのメッセージ> 新生活が始まる季節にぴったりの歌詞は、聞く皆さんにきっと勇気と元気を沸き起こさせる、Apinkからのメッセージソングにもなっています!聞きどころは、♪Lesson1~ ♪Lesson2~と、チョロンの唄が不思議と無理せず頑張ろうと思えてくるように聞こえる歌声です。