“酒の肴”系男女シンガーユニットJamFlavor3月メジャーデビュー
「聞くとお酒がおいしくなる。」がテーマの男女シンガーユニットJamFlavor(ジャムフレーバー)の3月2日発売のメジャーデビューミニアルバムのリードトラック『恋い焦がれ恋に瀕死』がABCテレビの『今ちゃんの「実は…」』2月度エンディングテーマに決定した。 JamFlavorはMA’LIL (マリル)(右)、 HODAKA(ホダカ)(左)からなる男女シンガーユニット。2014年に結成し、関西のストリートライブ激戦区である梅田・なんばでのストリートライブを中心に活動を開始。多くの歩行者の足を止めるパフォーマンスを披露していた。 ストリートライブでの圧倒的なパフォーマンスが噂となり、業界関係者の耳に入り、結成から2年という速さでのメジャーデビューとなった。 3月2日にリリースする1stデビューミニアルバムは、大人の恋を大胆に歌い上げたリードトラック『恋い焦がれ恋に瀕死』や関西弁で楽しく歌える『E~NEN!』など、バラエティに富んでいるが、すべての楽曲が懐かしい歌謡テイストのメロディとなっている。 リリース前にも関わらず、すでにFM OSAKA(85.1)にて、ラジオレギュラー番組「JamFlavorのキケンな『じゃむ』RADIO」(毎週月曜19:00~19:30)に出演中だ。 徹底的に関西から発信することにこだわり、現在公開中のミュージックビデオは大阪の夜の街で撮影を行った。今後はTV・ラジオはもちろん、街頭プロモーションなど関西を中心に大々的に行っていく予定となっている。 関西を中心に活動するJamFlavorの動向は、公式サイト・アプリにて都度アップされるのでチェックしてほしい。 JamFlavor / 「恋い焦がれ恋に瀕死」MV