51年半の歴史に幕!”最後の昼ドラ”主題歌はMONKEY MAJIK
1964年5月に放送開始し、数々の記憶に残る作品を生み出してきた東海テレビ制作の“昼ドラ”ラストを飾る「嵐の涙~私たちに明日はある~」の主題歌に、MONKEY MAJIK『The Mistakes I’ve Made』が使われることが決定した。 51年半あまりの歴史に幕を下ろす。“最後の昼ドラ”の主演を務める佐藤江梨子ほか、これまでも「花嫁のれん」シリーズで“大女将”を演じてきた野際陽子や志垣太郎など多くの名俳優が出演する中、今回のドラマのために思いを込め書き下ろした楽曲『The Mistakes I’ve Made』が、本日放送内で楽曲解禁、最後の昼ドラを彩ることとなった。 MONKEY MAJIKは今回の楽曲を制作するに当たり、「50年以上も続き親しまれてきた「昼ドラ」、その最後の主題歌を担当させて頂けるとは思ってもいませんでしたが、とても光栄です。本作は主人公が突然の事故によって家族が奪われ、血の繋がらない娘との絆を糧に、もがき苦しみながらも幸せを求め続ける物語。ストレートな気持ちの相手を想う愛をテーマに描き表現しました。そして皆さんがこのドラマを見てこの曲を聞いた時に“想った事”“感じた事”を素直に受け止めて頂ければ嬉しいとともに皆さんの心にいつまでも刻まれればと」とのメッセージを寄せた。 今回の主題歌『The Mistakes I’ve Made』は、メジャーデビュー10周年を迎えるMONKEY MAJIKが3月9日(水)にリリースするアルバム『southview』に収録。2月24日(水)より先行配信。4月9日(土)からは地元宮城の多賀城市文化センター大ホールより全国ツアーがスタートする。