VAMPSツアー千秋楽 HYDE「対バン案外面白かった」
VAMPSが2015年11月12日よりZEPP TOKYOからスタートさせた「VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666」の最終公演を1月31日ZEPP SAPPOROにて行った。今回のツアーは、「JOINT」をテーマに国内外のアーティストを招いて行った全24公演の籠城型ライヴ・ハウスツアーで(追加で発表された福岡と札幌はVAMPS単独公演)、そのJOINTアーティストのラインナップ、ステージでの共演からは、活動の場を国内ばかりでなく国外でも積極的に展開し続けるVAMPSならではの高いミュージシャンシップを感じさせた。 なかでも、ヨーロッパ、アジアを含む全世界254地域で配信されている最新トラック「SIN IN JUSTICE」にフィーチャリングされたApocalypticaとの共演は、昨年、共にSIXX:A.M.のサポート・アクトとして全米をまわったり、彼ら自身のイギリスツアーにスペシャルゲストとして参加したりと、"ロックな時間"を共にしてきたグルーヴが感じられる、まさに「JOINT」の醍醐味を感じさせるものだった。 千秋楽となる本公演の1曲目は『MIDNIGHT CELEBRATION』という非常に攻撃的なセットリストでBLOODSUCKERSを立ち上がりから最後の『SEX BLOOD ROCK N’ROLL』まで狂喜乱舞させ続けた。またアンコールの『LOVE ADDICT』からギタリストのYUKI (DUSTAR-3,Rayflower)が飛び入り参加、嬉しいサプライズもあった。 HYDEは最終日の前々日が誕生日ということもあり、会場のBLOODSUCKERSからは「おめでとー!」という祝福が飛ぶなか、「やばいよ、今日。終わっちゃうじゃん。全部出さないと。はっちゃけるよ。今夜は。みんなもうエンジンかかってるじゃん。このまま行くのが怖いね。いっぱい楽しませてもらうぜ。楽しもうぜ、札幌!」とコメント。またこのツアーを振り返り、「今回、対バンツアーだったけど、案外面白かった。勉強になるし、良いもんだなと。福岡、札幌はワンマンになったから、少し寂しいね。また次はどう言った形でくるかわからないけど、また会えるよね。(HYDE)」、「11月から始まったツアーも終わりを迎えたね。今回のツアー、本数の割に長く感じました。間に色々あったし。これからもVAMPSの活動を見てもらって誇れるバンドになりたいです。みんなありがとう。(K.A.Z)」とそれぞれ語った。 結成以来、全世界をノンストップで走り続けるVAMPS、2016年はどんな展開が繰り広げられるのか、その期待は高まるばかりだ。 カメラマン: 田中和子