M.S.S Projectが闘会議で大熱狂の「紅」を太鼓プレイ
人気実況ユニットM.S.S Projectが、1月30日~31日幕張メッセにて開催した「闘会議2016」へ参加。31日は朝から人気ゲーム「太鼓の達人」ブースへ出演をした。 2016年に生誕15周年を迎える和太鼓リズムゲーム「太鼓の達人」、今や国民的な人気を誇るこのゲームにM.S.S Projectの4人が挑戦した。 今回のイベントでは、アーケード、スマホアプリ、WiiU、PS Vitaと「太鼓の達人シリーズ」が大集結。まずはアーケードでKIKKUN-MK-Ⅱ「紅だぁーーーー!」の雄叫びとともにKIKKUN-MK-IIとあろまほっとが大名曲である『紅』をプレイ。しかし、二人ともクリアならず、会場からはため息が。というのも、今回は見事にクリアをすると、その度にメンバーのサイン入りクリアファイルが観覧者へプレゼントされるという特典が用意されていたから。 その後も、メンバーは様々な「太鼓の達人」に挑戦。 Wii U版「太鼓の達人 あつめて★ともだち 大作戦!」では、曲を『自力本願レボリューション』へ変更。「絶対にクリアする」とかんたんモードでプレイをしたKIKKUN-MK-IIが見事クリアしプレゼントをゲット。 先ほどのプレイでは「おに」で全く刃が立たなかったFB777が、続いては得意だというローランドの「V-Drums」とスマホアプリ「太鼓の達人プラス」を連動させプレイ。自身が作曲した『M.S.S. Planet』をプレイ。「伝説のVドラマー」と言われるだけあり、若干ぎこちないスティックさばきだったがなんとかクリアした。 最後のチャレンジでは、PS Vita版「太鼓の達人 Vバージョン」をプレイし、楽曲は『千本桜』。このゲームは、4人で力を合わせ敵を倒すRPG風のゲーム。今までとは違い、全員での協力プレイが必要となるが、ここはさすがM.S.S Project!と言えるチームワークを見せ難なくクリア。その後も、残り時間いっぱいまでエキシビションとしてプレイを続けたM.S.S Projectだった。