人気グラドルの「ハロプロ愛」が凄すぎ、メンバーと同じ服も
人気グラドルの塚本舞が1月27日、モーニング娘。’16の牧野真莉愛と同じ衣装を身に着けたセルフショットを自身の公式Twitter上に投稿。その強烈なハロプロ愛をアピールし、注目を集めている。 これは同日、彼女が「新年最初のよしログ生放送ありがとうございました!しずるさんに夏の魔物の新曲CDも受け取っていただけました( ̄^ ̄)ゞ今年もよろしくお願いします」というコメントに添えて投稿した画像で、その中で彼女は格子柄のトップスにグレーのスカートという出で立ちで写っている。その後のつぶやきで「お分かりいただけただろうか…」という意味深なものから、塚本も大好きだと公言するカントリー・ガールズや、℃-ute岡井千聖などと同じ、もしくは色違いの服を着ている塚本と、マネをしたハロプロメンバーの写真を同時公開しその「衣装ストーキング」の凄さを公表している。 今回の写真も、モーニング娘。’16牧野が去る1月25日に投稿した公式ブログの記事上で披露していた衣装と瓜二つのもの。ハロプロのコンサート会場には、近年女性ファンが急増し、コスプレ感覚でメディア登場時の私服や衣装などを真似て会場入りすることが多い。 塚本と言えば、かねてより熱心なハロプロファンであることで知られ、自身がライブのステージに立つようになった現在も、決して覚めやらぬ情熱からなのか、しばしばその愛情が分かる投稿を繰り返しているほど。これからも、塚本のハロプロ愛を見守っていきたい。