大原櫻子 異例の大抜擢!4作連続「白猫プロジェクト」新CMソング決定
先日のNHK「紅白歌合戦」で初出場にして紅組トップバッターを務めた事が話題となった大原櫻子が、なんと4曲連続でコロプラ「白猫プロジェクト」CMソングを担当することが決定した。 「白猫プロジェクト」は指一本で快適に操作できる本格的なスマートフォン向けRPG。 このコロプラ「白猫プロジェクト」CMソングでの取り組みは異例の4作目で、CMは「青春」をテーマにストーリーが展開される「白猫高校シリーズ」の新作となる。これまでの3本のシリーズと同じく、松木安太郎、福田正博、前園真聖、本田圭佑選手のモノマネで有名なお笑い芸人のじゅんいちダビッドソン、桜井日奈子が出演している。そして今回、「仲間が増えた」篇には、香川真司選手のモノマネで知られる浅野智秋が新たに登場する。 最初は3rdシングル『真夏の太陽』(7/22発売)での抜擢からスタート。最初から非常に見る機会の多かったCMで、大原櫻子のメイン支持層のティーンからの反響も大きく、10月からの秋バージョンでは『Special day』(11/4発売シングル『キミを忘れないよ』カップリング収録)、12月からの冬バージョンでは『メロディー』(未発表)と立て続けに3曲連続での決定となり、どのCMでもキャッチー且つ大原櫻子の伸びやかな歌唱が映える印象的なオンエアーとなった。 今回CMソングとなるのは新曲『ステップ』。作詞作曲は音楽プロデューサーの亀田誠治でCD発売や配信等は未定となっている。 (音楽プロデューサー:亀田誠治コメント) 「『ステップ』は、今、困難に直面していたり、つらいことがあっても一歩一歩を積み重ねていけば、いつかきっと超えていけるという思いを込めて作った曲です。その一歩一歩をダンスのステップを踏むように超えていけば、つらいことだって楽しく見えてくる。そんなメッセージを、大原櫻子さんは一言一言心をこめて歌っています。彼女の力強く澄み切った歌声が、みんなの背中をそっと押してくれることでしょう。」 大原櫻子は1月に20歳となり、直後より初の舞台へ出演中。そこでも力強い歌唱と初めてとは思えない生の演技力も非常に高い評価を受けており、この新バージョンのコロプラ「白猫プロジェクト」CMソングが反響を得るのは間違いない。このCMソングと着実に大きなステップを踏む大原櫻子へご注目願いたい。