IA&ONE生誕祭で新作情報!5万人超が祝福
青山のFuture Sevenで行われたイベントは全3部構成になっており、来場したファンをはじめ、ニコニコ生放送でも中継され、合計視聴者数はタイムシフト視聴を含め、50,000人を超える盛況ぶり、IA、ONEの誕生日を皆が祝福した。 当日は、IA、ONEの番組ではもうお馴染みとなった事務員GがMC進行し、終始和やかな雰囲気で、駆けつけたアーティスト、クリエイターがトークを行い、そしてライブで盛り上げる。トークゲストとして出演したのは、新進気鋭のクリエイターユニット「out of survice」。彼らはニコニコ生放送上で顔を出すのは初めてということで、緊張気味ではあったものの、ONEの使用感などを熱く語った。トーク&ライブゲストとしては、「LIA」「ササノマリイ」「ナナホシ管弦楽団」「松下」が出演。IAのボイスソースである「LIA」はライブでIA×ONEとして発表されている楽曲「CITRUS」を特別に披露し会場内をぐっと引き込んだ。ササノマリイはIAに提供した「ライア」を自ら歌唱し、ナナホシ管弦楽団はONEに提供した「おねがいダーリン」を松下と共演し、アニバーサリーを盛り上げた。 毎年アニバーサリーイベントでは新情報があるが、今年も数多く発表された。IAの新情報としては、音声創作ソフトのCeVIOにてIAのトークボイスが発売(発売日未定)、ゲームソフト「IA/VT-COLORFUL-」のベスト盤の発売(2016年3月10日発売)、LIAの作詞作曲楽曲「きみはひとりなんかじゃないよ」をIAがカバーすること、が発表された。 ONEの新情報としては、フィギアの発売(2016年6月予定)、公式コンピ「ONE/01」の発売(2016年初夏)、が決定したことが発表された。そして驚きだったのが、新しいボーカロイドキャラクターの登場が期待されるティザー映像が公開。たった30秒の映像ではあったがかなりのインパクトがあり、まだまだベールに包まれているものの今後の情報が待たれる。 今回のイベントでクリエイティブの高さとこだわりを感じさせたのが、会場内の第2部で7.1チャンネルサラウンドのサウンドシステムで昨秋に赤坂ブリッツで行われたIAのワンマンライブの上映会が実施され、ライブさながらの臨場感が再現されていた。このIAワンマンライブ上映は、1st PLACEのニコニコチャンネルから2月3日までタイムシフト視聴も可能だ。第1部と第3部のイベントの模様もニコニコ生放送にて2月29日までタイムシフト視聴できるので、見逃さないでほしい。 2016年もヴァーチャルアーティストのIA、ONEの活動はますます勢いを増していきそうだ。 IA & ONE ANNIVERSARY PARTY!! -SPECIAL TALK & LIVE-