HKT48映画 指原監督「秋元さんに”全部ダメ”」今はやって良かった実感
HKT48のメンバー兼劇場支配人、指原莉乃の初監督作品となるドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」がついに公開当日を迎え、舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ日本橋で行われた。 超満員の観客の前に、指原莉乃監督、上野遥、兒玉遥、坂口理子、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子が登壇。大きな拍手を浴びた。 指原監督は「ずっと家で作業をしていたあの映像が、こうやって大きなスクリーンに乗って全国に届くんだだとびっくりしています。大半が嫌な思いしかしていないんですが、早速Twitterなどにコメントをいただいてやってよよかったなと実感しております」と笑顔をみせた。さらに初めて監督を経験して「秋元さんに固めてプレゼンに行ったら、全部ダメだと言われ、またイチからになってしまった時は、ほんとに止めようと思ったんですが、”マイケル・ムーア監督の作品を見ろ”と言われて、多分私が考えたまんまだったら、全然面白くなかったし、ダメ出しいただいて良かったです。さすが秋元さんって思いました」とエピソードを語った。 先日の「HKT48のおでかけ!」でも後藤輝基に明かしていた、「とあるメンバーがフィーチャーされています。秋元先生が「この子がタイトルでもいんじゃない?」と言ったくらい」と語っていたメンバーもこの場に登場。一番端で緊張を隠せないでいた上野遥がその人なのだが、映画ではどのように描かれているか、指原もあらためてみどころのひとつに挙げていた。 「くす玉を割って公開をお祝いしましょう。」とMCが促すと、同日公開の映画「道頓堀よ泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48」に出演のNMB48のメンバー、山本彩、渡辺美優紀、白間美瑠、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、太田夢莉、沖田彩華の面々も「おじゃましまーす」と登壇。先日六本木で行われた、NMB48の映画舞台挨拶では指原以下、HKT48のメンバーが「相乗効果を期待して」と乱入したが、そのお返しというわけだが、「突然すいませーん」「いらっしゃいませー」と和気あいあい。山本、指原中心に「大ヒットおめでとう!」の掛け声のもとくす玉を割った。指原は「大ヒット予定。祈願。祈願」と冷静な発言だった。