ブリーフ&トランクス 初オンエア曲坂崎幸之助(THE ALFEE)に委ねる
3月2日発売のニューアルバム『ブリトラ依存症』で16年ぶりにポニーキャニオンから再メジャーデビューを果たすフォークデュオ「ブリーフ&トランクス」(通称:ブリトラ)のアルバムリード曲のラジオ初オンエアーが決定。番組は初メジャーデビュー当時からブリトラを応援し深い親交のある坂崎幸之助(THE ALFEE)がパーソナリティを務めるNACK5「K’s TRANSMISSION」(毎週金曜21:00~23:00放送)。その1月29日(金)の放送内でのオンエアーが決定したのだが、ブリトラのニューアルバムのリード曲は2曲存在し、どちらの曲をオンエアーするかはパーソナリティの坂崎幸之助が楽曲を吟味して当日に決定するとのこと。 その2曲を簡単に紹介する。1曲目の『ケータイ依存症』は携帯が必需品になった現代社会を憂いている感情をアップテンポでコミカルに表現した 異色作。2曲目『パチンコ』はパチンコにはまってしまった女性の目線を歌った楽曲で、タイトルに隠されている“ある言葉”を絶妙なハーモニー で歌いあげる力作。 ブリトラは初メジャーデビュー当時から一貫して「半径5メートル以内の日常生活」をテーマにコミカルなフレーズや際どいフレーズを絶妙なハーモニーで歌いあげる中毒性の強い楽曲を数多く発表して話題を呼んでいた。上述した2曲もまったくぶれることなく“ブリトラらしさ”が全面に押し出された作品になっており、元々ブリトラのファンだった方々はもちろん、初めて聴く人もはまる要素満載だ。 デビュー当時から応援し続けてく れた坂崎幸之助がそんな2曲からどちらを選んで、その曲に対して何を語るのかもファンのみならず要注目。是非1月29日の放送を楽しみに待とう。