ロッカジャポニカ 1stシングルついに発売! 「お小遣いを貯めて自分でCDを買いたいな」
ロッカジャポニカがデビューシングル『ワールドピース』の発売となった1月27日、池袋の東武百貨店屋上にてデビュー記念イベントを行った。 ロッカジャポニカとは、ももいろクローバーZや私立恵比寿中学などが所属する、スターダストプロモーションが満を持して送り出す特殊部隊、3B junior(スリービージュニア)総勢26名の中から飛び出したアイドルユニットで、内山あみ、内藤るな、椎名るか、高井千帆、平瀬美里の5人組。 「ROCK A JAPONICA」と名前の通り、JAPONICA(日本固有の)をROCKする(揺り動かす、刺激する、感動させる)という意味が込められており、アイドルに限らず日本の音楽シーン、またそれ以上に日本全体を刺激すべく活動をスタート。 去年1月に行われた、スターダストプロモーションのイベント「藤井とヨメの七日間戦争」の中で新ユニットとしてデビューが発表され約1年、ついにデビューの日を迎えた。 ライブ途中、急遽スタッフからシングル店着日となった昨日1月26日付けのオリコンシングルデイリーランキングが発表された。予定外の出来事に慌てるメンバーを前に、ランキングが10位だったことを報告すると、5人は「10位獲ったどー!」と抱き合いながら喜んだ。ロッカジャポニカはオリコンウィークリーチャート10位を目標にとしているためひとまず好調な滑り出しに会場は歓喜に包まれた。 また、メンバーにはサプライズで客席には七色のサイリウムが配布され、最後に披露した曲『ワールドピース』で会場は虹色に染まり、メンバーは驚きとともにデビュー出来た事への感謝の気持ちを述べた。 平瀬は「私はお小遣いが1000円なんです。お小遣いを貯めて自分でCDを買いたいな。と思ってます!」と語り、高井は「感謝の気持ちは生まれ変わっても忘れません!」と涙ながらに語った。 現在、ロッカジャポニカはデビューシングルのリリースイベント「ワールドピース」ツアーを開催中!明日以降も各地で開催される。