さユり YKBXによるノイタミナED曲『それは小さな光よのうな』MV解禁
1月14日のアニメ第2話放送で謎が多いED映像が公開されるやいなや、その歌声と映像の「翳(かげ)と希望」の世界観が多くの反響を呼んでいる フジテレビ“ノイタミナ”アニメにて放送中のTVアニメ「僕だけがいない街」エンディングテーマ『それは小さな光のような』。 この曲を歌う”酸欠少女”さユりによる2月24日発売の2ndシングル、『それは小さな光のような』のMVが完成、本日解禁となった。 先週解禁となった、さユり新章のジャケットアートワークにて、初めてその存在が明かされた“死神”サユリと”天使”サユリ。 新章の謎が紐解かれる今回のMVは、YKNBKによる、死神に変身したサユリと永遠の後悔(航海)をループする中二さゆりとさユりの3人のさユりの精神が交錯し、再生と消失がループした、デビューシングル『ミカヅキ』MVの「生と死」、「光と闇」、「蘇生と希望」から繋がる”酸欠少女”さユりの新たなる「翳(かげ)と希望」を描いた壮大な現代絵巻。 初回生産限定盤Aのジャケットアートワークに映し出された死神サユリ、雛月さユり、そして黒いポンチョをまとった”酸欠少女”さユりの3人のさユりと、中二さゆりが、過去と未来で絡み合うタイムリープな内容となっている。 2ndシングル『それは小さな光のような』は、「あの時こうしていれば」という後悔を、後悔に終わらせないために、過去に挑んで未来を変えていくという決意を歌った、「僕だけがいない街」の主人公藤沼悟の想いとも重なる、酸欠少女さユりの「翳(かげ)と希望」の歌。 「未完成で不完全な自分」でも自分を信じられるようになりたい、進みたい、という「ミカヅキ」の世界観とも繋がりつつ、さらに「何かを守りたい」「優しくなりたい」という、その一歩先の想いを歌った、「過去から未来を切り開く」ミディアムロック。 2016年2月24日発売の”酸欠少女”さユり2ndシングル、「それは小さな光のような」の過去の後悔から、「来世の鏡」越しにみえる別世界とは?その謎の答えへの道標となる今回の狭間のMVで、さユり新章の世界をサーチしてほしい! 《「それは小さな光のような」MV》