AKB48、JKT48が海外でアワードを受賞
AKB48、JKT48がインドネシアの大手地上波RCTIが主催する「Dahsyatnya Awards 2016」においてアワードを受賞した。 AKB48は、2015年2月にインドネシアのジャカルタで開催されたコンサート「AKB48 and JKT48CONCERT TOGETHER」へ訪問した際、インドネシア音楽番組Dahsyat へ出演。その番組でのパフォーマンスや出演が審査員および一般投票からの評価を得て「ベストゲスト賞」を受賞。AKB48 の代理でJKT48 がトロフィーを受け取った。 JKT48は、過去3年同アワードを受賞している中、昨年同様「ベストグループ賞」を受賞して4年連続同アワードの受賞となった。JKT48 は受賞後、『希望的リフレイン』をJKT48 全メンバーで披露して、受賞した感謝と喜びを表現した。 【JKT48 メンバーの感想コメント】 チームJ メロディー・ヌランダニ・ラクサニ(JKT48 劇場支配人) 「JKT48の「ベストグループ賞」は4年連続受賞ということもあり非常に嬉しいです。2016年最初に獲得したアワードということもあり、このアワードを糧に2016年がJKT48にとって良い年になるよう努力していきます。AKB48さんの「べストゲスト賞」に関しても、インドネシアにいるAKB48ファンが喜んでいることから姉妹グループであるJKT48の一員として非常に嬉しいです。 チームJ ナビラ・ラトナ・アユ・アザリア 「JKT48の「ベストグループ賞」は非常に権威のある賞で簡単に受賞できないため、今年も獲得できて非常に嬉しく感激です。日頃より多くのファンからたくさんの応援をしていただいていることが受賞にもつながったと思います。AKB48さんの「べストゲスト賞」に関しては、海外アーティストの受賞が珍しいことから、発表があった時には非常に驚きました!AKB48 さんがまたインドネシアに来てくれることを期待しています!」 (C)JKT48 Project