SUPER☆GiRLS前島亜美と宮﨑理奈が舞台に挑戦
2016年4月14日(木)~4月19日(火)、渋谷・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて「月刊ミステリーボニータ」で連載中の梅田阿比著「クジラの子らは砂上に歌う」の初舞台化が決定。  原作は『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインし、『第1回 次にくるマンガ大賞』にノミネートされた今話題を集めている漂泊船を舞台としたファンタジー少女漫画。 主人公のチャクロ役に、ミュージカル『テニスの王子様』やミュージカル『リボンの騎士』、主演映画『羊をかぞえる。』などで活躍している赤澤燈が決定。チャクロの運命を動かすリコス役に前島亜美(SUPER☆GiRLS)、さらに山口大地、崎山つばさ、碕理人、佐伯大地、宮﨑理奈(SUPER☆GiRLS)、大野未来。チャクロらを率いるリーダーである団長役に五十嵐麻朝が決定し、次世代ファンタジー作品に相応しい注目の若手俳優陣のキャストが発表された。 巨大な漂泊船“泥クジラ”は楽園なのか、地獄なのか? 誰をも魅了する閉ざされた漂泊船を舞台とした少年少女の砂漠戦記が、2016年4月渋谷にて壮大に幕が上がる。さらに、初舞台化にあたって主演・赤澤燈と前島亜美(SUPER☆GiRLS)、著者・梅田阿比よりコメントが届いた。 ■赤澤燈(役:チャクロ)より舞台化に当たってのコメント 「原作の世界観を大切に、人々の思いが交錯する中で、チャクロが成長して行く姿を心込めて演じたいと思っております。劇場でお待ちしております。」 ■前島亜美(SUPER☆GiRLS) (役:リコス) 「この作品が持つ、温かくも、時に残酷に心に訴えてくる独特の世界観を大切に、リコスとして様々な感情の動きを丁寧に表現し、皆さんの心に響く時間をお届けできるよう頑張ります。宜しくお願いします!」 ■著者・梅田阿比より舞台化に当たってのコメント 「舞台化のお話を初めて聞いたときは、本当にびっくりしました。 これまで自分の漫画が他の表現媒体で作品化されたことがなかったので、信じられなくて…。でも、とても嬉しいです! 原作はちょっと悲しいお話ですが、素敵なキャストの皆さんがのびのび演じていただけるといいな、と思っています。」 尚、本日1/28(木)12:00よりオフィシャルサイトにてチケット先行販売が始まった。