涼海花音 ファッション誌『NYLON JAPAN』レギュラーモデルに
TOKYO GIRLS AUDITION 2015(以下TGA)でNYLON賞を受賞していたモデル・涼海花音(すずみかのん)が、1月28日発売の『NYLON JAPAN』(カエルム)にてレギュラーモデルとして誌面デビューを飾った。 涼海花音は、日本人離れした長い手足が一際目を引くLA育ちの16歳。TGAでひと目見たNYLON JAPAN戸川編集長が「内面から湧き出てくる明るさとパワー、そして嘘のないオリジナリティ」を感じ、即起用を決定。今回のデビューに至った。 ファンション業界では既にひっぱりだこだ。実はこれがモデルデビューではなく、既にティーン誌「Ranzuki」(ぶんか社)でモデルデビューを飾っており、同世代の女子中高生からも「すずみん」と呼ばれ人気の存在。 ニューヨーク生まれのファッション誌と渋谷系ティーン誌。この相反する要素をあわせ持つ、前例のない16歳。TGAでは109賞も受賞しており、まだ詳細は明らかになっていないが渋谷109などの館内プロモーションに出演する予定で、まさに「新・渋谷系ガール」といったところだ。 また、NHK「Rの法則」第7期レギュラー R's7期生としての活動、3月19日(土)代々木第一体育館にて行われる「TOKYO GIRLS COLLECTION2016 S/S」に出演が決まるなど同性代の発信者としての一面も際立ち、その存在感は早くもオンリーワン。戸川編集長も「誰かを目指すのではなく、『涼海花音』が世の中をよりハッピーにさせるような存在になってほしいです。」と期待をよせる。 TOKYO生まれLA育ち、世界基準の新・渋谷系ガールに期待だ。