チャオ ベッラ チンクエッティが最強のシングルをニコニコ本社で披露
チャオ ベッラ チンクエッティが、池袋ニコニコ本社サテライトスタジオ「ニコぶくろ」にて放送しているネットとリアルをつなぐ情報バラエティ「ニコラジ」へ出演。 そのまま、地下にあるニコニコ本社イベントスペースにて、ミニライブを開催した。今回、新曲『どうしよう、わたし/一期一会』発売を記念してのイベントとなり、ミニライブでも『一期一会』『ギミバニラ』『どうしよう、わたし』『さぁ来い!ハピネス!』『全力バンザーイ!My Glory!』をパフォーマンスした。 『どうしよう、わたし』は、昨年アンジュルムを卒業したばかりの福田花音が作詞を担当した話題の一曲となっている。ミディアムテンポのEDM調の楽曲で大人の雰囲気が漂う良曲。作詞家としてデビューしたばかりとは思えないほどにヒリヒリするような切ない男女関係を秀逸に描いている。どこかつんく♂の影響も感じ取れるのも気になるところ。 『一期一会』は、2015年に話題となったアンジュルム『大器晩成』を作り出した中島卓偉が作曲を務めるロックナンバー。ヒットした『大器晩成』と同じく、スカッと抜ける激しい楽曲は、全員の歌唱力が高いチャオ ベッラ チンクエッティにバッチリとハマる一曲となっている。 チャオ ベッラ チンクエッティとして、勝負の年になるであろう2016年。最強のシングルを武器に快進撃を期待したい。 ★チャオ ベッラ チンクエッティのサイン色紙プレゼント!@dwangojpnewsをフォローして、「チャオベラのサイン色紙希望!」とリプライしてくださった方の中から抽選で4名様にサイン色紙をプレゼントいたします。チャオ ベッラ チンクエッティの記事ツイートをRT&いいねしてくださった方は当選確率2倍!締め切りは2月3日(水)23:59です。奮ってご応募下さい!