AKB48小笠原茉由 新作ものまねでメンバーに言いたい放題
TBS系「有吉AKB共和国」で恒例の企画「有吉AKBラジオ局」は、先週に引き続き、小笠原茉由、中西智代梨、小嶋菜月、茂木忍、佐々木優佳里、大和田南那がトークを展開。 ”トレビア~ンな泉”では、メンバーのさまざまな豆知識を公開し、納得すればボタンを押すシステム。中西は右斜め上から見るのがベストと告白。SNSに出す写真は試行錯誤の結果そうしてるそうで、早速実践。小嶋陽菜から「確かにほっそり見える」と褒められた。ほかにも小笠原も同じ角度だと実践してみるも、ピースで顔を隠して微笑み、有吉から「風俗嬢だろ」と一蹴されてしまった。小嶋さんは?と聞かれ「んー、あんまり考えたことないけど、肩を入れるとかわいい…」とポーズを取ると、中西が「やろうやろう!」とものまねの新ネタが出来たかのようにはしゃぎ、「バカにしてるでしょ!」とツッコまれていた。 小嶋菜月は”演技が評価されている”と告白。「めちゃめちゃ芝居下手じゃん」と有吉から酷評されてきた小嶋だが、「初舞台は渡辺裕之さんと共演させていただいて、渡辺さん曰く最初は”ヤバいの来た”と思われてたそうなんですが、厳しく指導いただいて、今はなんとか」と女優気分の小嶋に有吉が「振り返ったら、そこに犯人。みたいな演技やってよ」と促す。「みんな(成長ぶりに)びっくりすると思う。有吉さんとか感動して泣いちゃうかも」と自信満々。シャワーを浴びて振り返り「きゃーー」と抑揚のない演技に「ヘタじゃん!」と有吉に「いやいや、声の出し方が違うと思いませんか?」とすがるが「声がブス」ととどめを刺されてしまった。こんな小嶋の夢は「月9の主演」だそうだ。 佐々木はひとりぼっちのイメージを払拭、友達が出来たと告白し、メンバーからも”よかったねー”と祝福された。そして「私の友達は、じゃーん!」と紹介されたのは大和田。みんな爆笑の中、大和田は「親友です」とまじめ。佐々木は「親友になろうって言ってきてくれたんです」と嬉しそう。「ゆかるんさんの生誕祭のときに”友達になろう”と思ってなれたんです」と大和田。さらに3人で食事に行ったそうで「3期も先輩なのに、こういう所メンバーと行くの初めてーって聞いて、すごい切なくなった」と話し、「(佐々木と付き合ってみて)不思議なところが多過ぎて…」「え!そんなことないよ」という会話に小嶋は「あ!友達っぽい」と目を細めると、2人とも恥ずかしそうだった。しかし、ほかのメンバーにも「親友になろう」と言っていることが判明し、「嘘でしょ?」とショックを受ける佐々木に茂木が「社交辞令を真に受けちゃったんだよ」という追い打ちにパニックになり「ガビーン」と応え大爆笑を誘った。 小笠原はiphoneの音声アシスト機能Siriのマネがファンに好評といい、中西が「中西智代梨の特徴を教えてください」と話しかけると「AKBに来た意味が分かりません」としっかりネタになっており一同大ウケ。さらに「私の可愛いところはどこですか?」と問いかけると「すみません よくわかりません」「いや、Siriそれよく言うけど」とこれも完成されたネタだった。 「小嶋菜月の特徴を教えてください」の質問には「おっぱい以外は何もない」と言われ「ひどーい!」と怒られるも小笠原は「Siriが勝手に言った答えなので」と巧く交わした。さらに「茂木忍の特徴を教えてください」には「キレやすい おなべ」。「大和田南那の特徴を教えてください」の問い掛けには「元エース候補です」とこのSiriは毒が強い。最後に佐々木が問いかけると「しゃべりかけないでください」と言いたい放題の”小笠原Siri”だったが最後は「すみません」と罪悪感を感じていた。 写真(C)AKS