GLAY ニューシングル『G4・Ⅳ』全4曲MVを一斉フル解禁
1月27日にニューシングル「G4・Ⅳ」をリリースするGLAY。 今作はGLAYメンバーそれぞれが書き下ろした4曲を収録するシングルとなっており、4曲全てにミュージックビデオが制作され、そのフル映像が期間限定一斉解禁された。 今回初解禁になるのはHISASHI作詞・作曲の『彼女はゾンビ』。 HISASHIがかねてより抱いていた「MVをフルアニメで作りたい」という強い希望が叶い制作された。 また、「BLACK CAT」「Devil May Cry」「ベン・トー」などの多くのアニメ監督を務めてきた板垣伸が、コンテ・演出・作画などの総合監修を務め、『彼女はゾンビ』楽曲通り、”ゾンビ”で ある彼女と人間の少年のロマンスと激しい戦闘シーンと共に描いた内容で、一晩のラブストーリーとしてまとめ上げており、HISASHI独自の 世界観が表現されたミュージックアニメーションビデオになった。 また、シチュエーションに紛れたGLAYメンバーが出演している箇所も見どころの一つだ。 JIROが作曲、テレビ朝日「お願い!ランキング」1月 度エンディングテーマソングとして現在オンエア中の『Scoop』はミュージックビデオの監督をB’zやONE OK ROCKなどのミュージックビデオを手がけるフカツマサカズが担当、GLAYとは初タッグとなった。全編モノクロ、1カメ1カットで撮影されたロック色が 前面に出た荒々しい映像は必見。 TAKUROが作詞作曲を担当し北海道新幹線開業イメージソングである『Supernova Express 2016』のミュージックビデオは『Scoop』と同じくフカツマサカズが担当した。オール北海道ロケを敢行し壮大な北海道の大地での演奏シーンや地元の エキストラが700名参加した空撮シーンが盛り込まれ、旅をイメージに様々なメッセージが込められた映像になった。 TERUが作詞作曲を務め、テレビ アニメ「ダイヤのA –SECOND SEASON-」オープニングテーマ『空が青空であるために』のミュージックビデオは学園をテーマに制作され、監督はGLAYの51枚目のシングル『百花 繚乱』のミュージックビデオも手がけた斎藤渉が担 当。主演女優には、フジテレビ 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などにも出演した今大注目の女優「浜辺美波」が主演。ふとしたきっかけで蒼き魂に火がつく若者たちを描いた 疾走感溢れるミュージックビデオに。OB役としてTERUが歌唱出演しているシーンも要注目。 まさに4者4様のミュージックビデオは必見! なお『G4・Ⅳ』の特典DVDでは4曲すべてにミュージックビデオとメイキングも収録される。