指原莉乃 乃木坂ファンと雪解け HKT48と乃木坂46が対決
現在、人気急上昇中のHKT48、乃木坂46がライブパフォーマンスで激突した。これは、日本武道館で行われた「GUM ROCK FES. IN 日本武道館」で実現したもの。 先行で登場したのはHKT48。新曲である『しぇからしか!』からテンションぶちあげ状態でパフォーマンスはスタート、その後も『桜、みんなで食べた』『ロックだよ、人生は…』『ウインクは3回』『メロンジュース』『12秒』とHKT48らしい上げ楽曲で攻めた。MCでは指原は、「マネージャさんに会場を見に行ってもらったら【7:3で乃木坂ファンです】って言われて(笑)、でも乃木坂ファンの皆さんも盛り上げてくれて嬉しかったです。対決とはいえ、格上の相手なので頑張りたいです」と意気込んだ。 後攻は乃木坂46。コチラは一転、『命は美しい』というミディアムバラードの意外な楽曲からスタート。しかし次の楽曲では、『ポピパッパパー』というハイテンションな楽曲で攻め、その後は、『制服のマネキン』『君の名は希望』『おいでシャンプー』美メロ大ヒットシングルを次々披露し、会場を沸かせた。 MCでは、桜井玲香が「今日、乃木坂はめちゃくちゃ燃えています!」と宣戦布告。衛藤美彩は、『ポピパッパパー』にて一瞬音が消えたことで「指原さん達が入ってくるのかと思った」と話したが、本当の音響トラブルだったようだ。そんな中、秋元真夏は得意技の「ズッキュン」を「これを会場の皆さんが食らったら、HKTさんなんていちころだと思うので」と発射した。 突き抜けるように明るく楽しいHKT48、しっとりと大人の色気も魅せた乃木坂46。甲乙つけがたい対決となった。 最後は、スペシャルコラボとして、乃木坂46がHKT48の楽曲である『控えめI love you !』を、HKT48が乃木坂46の楽曲である『ダンケシェーン』をそれぞれパフォーマンスするスペシャルコラボが実現した。 最終的な対決の判決は、指原と乃木坂46がシングル対決を過去に行ったこともあり、指原も乃木坂46メンバーも燃えていた。このイベントのプロデューサーであるサイモン利根川の判断で、最後は「ガムロックじゃんけん」で勝敗を決めることに。 HKT48は宮脇咲良、乃木坂46からは松村沙友理。3度のあいこの後、見事に宮脇咲良が勝ちHKT48が勝利した。 終了後HKT48指原はTwitterで「あー楽しかった!HKTはMC短め攻め曲だらけに致しました!乃木坂ファンの皆さんがメロンジュースの時に緑サイリウムにしてくれたのがとても嬉しかった 四年前?の幕張宣言イベントで罵声を浴びせられて以来怖かったのですがw←今だから話せる HKTの現場で雪解け嬉しかったです!」と乃木坂ファンに感謝の言葉を贈った。