清水翔太『Damage』MVに豪華アーティスト仲間が集結
2015年2月にBESTアルバムをリリースし、約7年間の活動を総括した清水翔太。10月にはドラマタイアップシングル『花束のかわりにメロディーを』をリリースし清水翔太らしい名曲で高い評価を得た。 今作ではその流れを受け継ぐミッドバラードで切ない冬に心にしみる1曲に仕上がっている。そんな今作のMusic Videoでは、ミリショーとしての活動も記憶に新しい盟友加藤ミリヤを筆頭に、『ONE LOVE』で共演した童子-T、プライベートでも仲のいい與真司郎(AAA)、青山テルマ、BLADe、VJやクラブイベントや音楽フェスティバルの DJ/MCとしても活躍しているBoo、レーベルの後輩當山みれい、と清水翔太と交流のある7人のアーティストが友情出演している。 さらには清水翔太の愛犬“エマ”まで出演するなどレアショットも盛り込まれている。エマを撮影する際には、飼い主の翔太も「お座りはしつけてあるので大丈夫」と言っていたが、いつもと違う環境に困惑したのか、全くお座りをしないエマ。抱きかかえられての撮影となった。 Booは撮影中に楽曲に入り込み、感動して涙を流してしまうハプニングがあったほどである。撮影を止めてやり直そうとしたが、その感極まった感じが良く、そのまま収録された。 Music Videoは清水翔太のリップシンクの中にそれぞれのアーティストのイメージのポートレートとサビとブリッジにはリップシンクのパフォーマンスが差しこまれる構成になっており、アーティストの個性が出た印象的な作品に仕上がっている。 ■清水翔太 『Damage』(Short Ver.)