塚本舞 ”ぴったぴた”のコスがまるで峰不二子だとファン歓喜
奇想天外エンタメ集団”夏の魔物”のメインボーカルを務め、最近Twitterで「Hカップに成長した」と胸躍る告白をした人気グラドル塚本舞。 夏の魔物が歌う『東京妄想フォーエバーヤング』(1月20日発売)は「めちゃイケ」(フジテレビ系)のエンディングテーマに起用され、オリコンデイリーランキング初日で14位をマークし好発進している。そのシングルのリリースイベント期間に、セクシーナースや水着にエプロンのCDショップ店員などなど、さまざまなコスチュームに身を包んだ画像をアップしファンを歓喜させているが、渋谷HMVでのリリイベ時に着た、女スパイ風のコスチュームが話題となっている。 「ぴったぴたのぷにっぷに!」とコメントし、レザーのぴったりした衣装からジッパーを下ろし、成長中のたわわなHカップの谷間を見せるサービスショットにファンからは「まるで峰不二子!」「ん?まさかノーブ…… 安心していいですか?」「さすが、セクシービーム全開w」「プニプニ!プニプニ!」と歓喜の嵐だ。 また「本日限りの、ブラック・ぷに・ムーン」と書き込み、限定のコスだと知ったファンは「永久保存版のまいぷにや~オォ───イ」など早速画像保存した諸子も多かったようだ。 怒涛のリリースイベントが終了、そして24日(日)は新宿MARZで初のワンマンライブを行い、大盛況だった”夏の魔物”。塚本もTwitterで「夏の魔物1stワンマンライブ、超満員!大成功!本当に本当にありがとうございました!!!!!カラフルなサイリウム、みなさんの笑顔、夢みたいな景色でした。楽しかったね、楽しかったね!これからも、よろしくお願いします」と報告。メインボーカルとして、セクシー担当として、そしてもちろんグラビアも塚本舞から目が離せない。