ミライスカート 新曲と新衣装ついにお披露目
1月23日(土)大阪くずはモールにて3月2日(水)リリースのミライスカートニューシングル『千年少女~Tin Ton de Schon~』のお披露目が遂に行われた。 イベントは14時よりスタート。MCの呼び込みとともにメンバーが登場。なんと!この日(23日)からニュー衣装も解禁!白をベースとしたワンピースに首には「朱」「藤」「桜」「金」「銀」を用いた雅なスカーフ。「千年を駆け抜ける少女」ミライスカートにぴったりな衣装での登場に、会場からも歓喜の声が。 そして、メジャーデビュー前に発売した『ナモナイオト』からイベントはスタート。ちょうど約1年前。このシングルから始まった怒涛の「リリースイベント&ライブ」。この1年で、約150本近くステージに立ってきた彼女たちのパフォーマンスは、最初に披露した頃の『ナモナイオト』とは比較にならないくらいの“凄み”を増していた。2曲目は夏フェスを通じ“ミライスカートの認知”をあげてくれたメジャーデビュー曲『COSMOsSPLASH』。このセットリストの流れは、まるで“この1年を凝縮”したようなもの!それを感じとったファンも2曲目にして大興奮。 そして、ついに新曲が披露された。リーダー児島の『千年少女~Tin Ton de Schon~(ちんとんでしゃん)』というタイトルコールからスタート。「願いはエンドレス信じる力で遥かミライへ駆け抜ける~」と始まる歌詞からも、ミライスカートの「未来をつかみ取る強い意志」を感じる。そしてこのパフォーマンスを初めて見るファンも自然と「手のひらを握って(つかみ取る感じ?)」いて、このグループと一緒に歩んでいくんだ!という意気込も感じてしまった。 先週の詳細発表会の時に「これから「ひたむき」に頑張るぞ!と思わせてくれる、そんな力強い歌詞が魅力だと思います。」と話していた林。この曲の歌詞にある「ずっと」「きっと」「起こせる」などから、ミライスカートは「信じる力強さ」をメッセージに掲げているのだろうか?他の曲にも感じられるが、彼女たちの曲に元気、勇気をもらうのは、もしかしたらそれが、要因なのかもしれない。そして気になる新しい振付も優雅。 激しながらも「雅」を感じるのは曲中で見られる「舞妓」的振りのせい?指先までしっかり意識され、よりしなやかな佇まい、女性らしさをアピールする為にあえて首筋を見せることにも意識した振りにミライスカートが醸し出す“ハンナリ”の真骨頂を見た気がした。 イベントはシングルの三曲を順に歌う形で終了。このシングル『千年少女~Tin Ton de Schon~』に関してメンバーは「『千年少女~Tin Ton de Schon〜』って言うタイトルを見て、はんな〜りなイメージやと思ってたけど、実際は千年を駆け抜ける様な、疾走感溢れる曲になりました!私たちもこの楽曲の様に駆け抜けていきたいです!(橋本)」「楽しむポイントは、拳を振り上げる振り付けがあるので、みんなで一緒に拳を振り上げてほしいです!(林)」とコメントした。 今後、続々とリリースイベント、ライブイベントが決定しているので、オフィシャルホームページ、ツイッターをチェックして、『千年少女~Tin Ton de Schon〜』を感じて欲しい。