倖田來未 京都市公式アプリアンバサダーに就任
京都の情報を発信する京都市のスマートフォン用アプリ『Hello KYOTO』をPRするオフィシャルアンバサダー京都出身の倖田來未が就任。その任命式が19日に行われた。 『Hello KYOTO』は、2015年5月に京都市とエイベックス・ミュージック・クリエイティヴの取り組みのひとつとして共同で開発され、日本はもちろん、世界に京都の魅力を発信していくことを目的とした無料のアプリ。アプリでは京都の観光情報が手に入ったり、利用者が写真を投稿できたりする。 門川大作京都市長は「今回のオファーを快諾していただいた事に心から感謝いたしております。若い女性のファッションリーダーとしても支持されている倖田さんには、今後もあらゆる場面でご協力いただけたら、と期待しています。」 また、 オフィシャルアンバサダーに就任した倖田來未は「今回このような栄えあるお役目をいただきましたこと、大変光栄に思います。四季折々に見せる京都の魅力は、自然、文化、そして数多くの観光名所など、一言では表現できないほど数多くあります。私なりに、私にしかできない形で、多くのみなさんにお伝えすることができればと思っています。これからよろしくお願い致します。」とそれぞれコメント。 PR第一弾では、倖田來未とコラボした『Hello KYOTO』と京都市地下鉄の金曜日限定深夜便である「コトキンライナー」周知ポスターが、京都市地下鉄全駅に1月19日より掲示されている。なおこのポスター、『Hello KYOTO』のアプリ内にあるAR機能で取り込むと、スペシャル映像が見ることができる仕様になっているとか…。 今後はアプリ内に倖田來未のコンテンツを追加するなど様々な取組みが発表されていく予定だそうなので、そちらもぜひ楽しみにしていて欲しい。京都を訪れる際はもちろん、ファン必須になること間違いなどのアプリだ。