CANDY GO!GO! デビューシングル4位獲得!1万枚超えたらアルバム制作
1月20日(水)にメジャー第一弾シングル『overdrive/大切なお知らせ』を発売し、メジャーデビューを飾ったCANDY GO!GO!。彼女たちが発売日当日の20時から、渋谷にあるHMV record shop内イベントスペースでリリース記念のイベント及び特典会を行った。 デビューシングル『overdrive/大切なお知らせ』が、発売初日で7300枚を越す売上を上げ、オリコンのデイリーチャート4位を記録。CANDY GO!GO!史上最も良い数字を導き出した。もちろん、リリースイベントを行ったHMV record shop内イベントスペースにも数多くのCANDYST(ファン)が足を運び、店内を埋めつくしていた。 「本日のオリコンデイリーランキング、なんと4位をいただくことが出来ました」(関根ゆみ)とファンたちへ感謝の想いを述べると同時に、彼女たちはオリコンシングルチャート10位を目指すことを宣言。 ライブは、『overdrive/大切なお知らせ』のC/Wに収録した『ヴァイオレット』からスタート。お洒落な会場を舞台にしたライブということで、普段は絶叫を上げるファンたちも、「ディナーショーモード」での声援を約束。とはいえパワフルな楽曲だけにファンたちの応援にも自然と力が入り、手拍子や拳を振り上げ、抑えぎみながらも想いを返していた。CANDY GO!GO!のメンバーはというと、何時ものように観客たちへ挑む姿勢で歌い踊ってゆく。 軽快に跳ねてゆく『Pretty Pain』では、心地好く弾む歌と演奏に合わせ、観客たちも熱い手拍子混じりに身体を横揺れさせていた。 デビューシングルの表題歌『overdrive』では、メンバーも観客たちも拳振り上げ、絶叫のもと滾る感情を一気に炸裂。むしろ、身体の躍動導く楽曲に煽られ、暴れずにいれない気分。CANDY GO!GO!のメンバーたちも蹴りをぶち噛ましたりと、限られたライブスペースとはいえ、今にもファンたちへぶつかりそうな勢いで歌い踊ってゆく。いくらお洒落な場所でも、燃えたぎる野生の感情は抑えられない。それが、アイドロックを標榜するCANDY GO!GO!の姿勢であり、彼女たちのライブが導き出す熱狂だ。 「私、今日からメジャーの人ということで朝からマスクを2枚重ねしちゃったほど意識高いから。こんな近くでメジャーデビューアーティストを観れる機会なんて無いからね。22日のラゾーナ川崎での発売イベントでは1000人を目標に集めます!!」(なぎさりん)と、暴走口撃魔女らしい発言を投げ込みつつ、最後の曲へ。 「これからも初心の気持ちを忘れずメジャーで戦っていきます」(なぎさりん)と宣言した後に、CANDY GO!GO!のライブを支え続けてきた『そしてまた逢えると云うよ』を熱唱。この時点では、もうディナーショーモードの声援なんて約束はどこ吹く風。さすがに客席のスペースも狭く、身体折り曲げての絶叫までは無理だったが、その場にいると一体化した熱狂に気持ち熱く揺さぶられる、何時ものライブハウスの会場に描き上げるライブと似た熱気が、そこには生まれていた。 ライブ後は特典会として、メンバー全員と握手会やチェキ撮影などを実施。短い時間ながら、メンバーらにこの日の感想を述べては、共にデビューという記念日を過ごせた喜びを分かち合っていた。 『OVERDRIVE/大切なお知らせ』の売上目標は10000枚。この数字を達成するとアルバム制作が決定する。 TEXT:長澤智典