さユりが「雛月」に?「僕だけがいない街」ED曲 4種のジャケ写に込められた意味
1月14日のアニメ第2話放送で謎が多いED映像が公開されるやいなや、その歌と映像の「翳(かげ)と希望」の世界観が多くの反響を呼んでいる “ノイタミナ”アニメ「僕だけがいない街」エンディングテーマ『それは小さな光のような』。この曲を歌う”酸欠少女”さユりによる2月24日発売の2ndシングル、『それは小さな光のような』のCDジャケットがついに公開された。 前回、キービジュアル解禁されたものは、国内外で活躍するビジュアルアーティィストYKBXによる永遠の後悔(航海)の中をループする”中二さゆり”が、”宇宙棺”に封じ込められているものだった。これは、その先のヒントが隠されているものなのだが、そのあまりの謎の多さに、さユりマニアやアニメファンなどからインターネットを中心に大きな話題となっていた。 そんな中、今回公開されるCDジャケットビジュアルは、デビューシングル『ミカヅキ』の世界観からつながり、さらに進化と深化を重ねた”酸欠少女”の魅力溢れるものになっている。 『それは小さな光のような』は、4形態のCDで発売されるが、最大の見所は、”酸欠少女”さユりをテーマにしつつ、それぞれにキーカラーを持たせた、今後の展開を示唆する内容のアートワークになっている点。初回生産限定盤Aのキーカラーはブラック。死神に姿を変えた2次元のさユりと、僕街のキャラクター「雛月」の姿を借りたさユり、そして3次元のさユりの、3人の酸欠少女さユりを描いた、アニメ「僕だけがいない街」ED『それは小さな光のような』の「過去と翳(かげ)」を表すビジュアル。 初回生産限定盤Bのキーカラーはホワイトで、2次元の中二さゆりと、”天使”の姿をしたサユリ、そして3次元さユり、3様のさユりを描いたものだ。これは、M2「来世で会おう」の「未来と希望」を意味するもので、初回生産限定盤Aと対になる、AとBで過去と未来をタイムリープしたビジュアルなのだ。 そして、通常盤のキーカラーはパープル。宇宙棺に封じ込められた2次元のさゆりを描いた、2ndシングルの2曲のMVのキーとなる、「過去と未来のタイムリープ」を表すもの。 期間生産限定盤のキーカラーはレッドで、これはアニメ「僕だけがいない街」描き下ろしオリジナルジャケットだ。主人公藤沼悟が雛月を救おうと手を伸ばす過去への導線と、藤沼悟を現世に強く導こうとする愛梨を描いている。最大の見所は、悟自身は「手」としてしか登場しないものの、その背景に現れる場所にも着目してほしい。その仕掛けに気付いたとき、アニメのポイントとなるリバイバル(再上映)を肌で実感することができるビジュアルだ。 上記4種のジャケットはテーマカラーとビジュアルこそ異なるが、決定的に共通したものがある。それは一体何なのか…。 4つのジャケットにはそれぞれの世界の中での「翳(かげ)と希望」が描かれている。 過去、現世、来世と、それぞれの時空に存在する、“酸欠少女”さユりが、抱えた《”不完全な美”と“感情”》が、1mmの肯定として希望となる精神を描いた、まさに”酸欠少女”なアートワークとなっているのだ。 そして、さらに4月23日に渋谷wwwで開催されるワンマンライブ「ミカヅキの航海」の詳細も発表。チケットの発売も開始している。今回のワンマンライブは東京のみの開催となるが、是非さユりの《”不完全な美”と“感情”》が渦巻くライブを、会場で直に体験してほしい。 フジテレビ“ノイタミナ”にて放送のアニメ「僕だけがいない街」エンディング・テーマで、さらなる「狭間」の世界へ突入する、その《”不完全な美”と“感情”》が、YKBXとのコラボにより日本の音楽シーンに新しい息吹を吹き込む新機軸の活動。今後も続々と紐解かれるその謎に注目な酸欠少女さユり。アニメの世界観ともリンクする、その鋭い人間描写と現代を生き抜く渇望感を目と耳で感じて欲しい。