倖田來未 Hello KYOTOオフィシャルアンバサダーに就任
倖田來未が京都市公式アプリ「Hello KYOTO」の初となるオフィシャルアンバサダーに就任する事が門川大作京都市長と共に出席した共同記者会見で発表された。 Hello KYOTOとは昨年5月に京都市とエイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社が締結した「京都市の地域活性化に関する相互連携協定」に伴っての取り組みのひとつとして共同で開発されたアプリであり、日本はもちろん、世界に京都の魅力を発信していくことを目的としている。そこで京都出身であり、且つ国内外から多くのファンをもつ倖田來未に白羽の矢が立った形だ。   「今回のオファーを快諾していただいた事に心から感謝いたしております。若い女性のファッションリーダーとしても支持されている倖田さんには、今後もあらゆる場面でご協力いただけたら、と期待しています。」―門川京都市長 「今回このような栄えあるお役目をいただきましたこと、大変光栄に思います。四季折々に見せる京都の魅力は、自然、文化、そして数多くの観光名所など、一言では表現できないほど数多くあります。私なりに、私にしかできない形で、多くのみなさんにお伝えすることができればと思っています。これからよろしくお願い致します。」―倖田來未 第一弾として、倖田來未とコラボしたHello KYOTOと京都市地下鉄の金曜日限定深夜便である「コトキンライナー」周知ポスターが京都市地下鉄全駅に本日1月19日より掲示される事も合わせて発表された。このポスターでは、Hello KYOTOのアプリ内にあるAR機能で取り込むと、スペシャル映像が見ることができる仕様になっているのでお見逃しなく。 今後はアプリ内に倖田來未のコンテンツを追加するなど様々な取組みが発表されていく予定。今後の動向に要注目だ。 会見の後には、京都駅前広場にて約5年ぶりとなるα-STATIONラジオ公開収録を行い、寒空の中多くのファンが会場に駆けつけた。α-STATIONは今年25周年を迎え、倖田は先月15周年を迎えたばかり。奇しくもダブルアニバーサリーを迎えたスペシャルトークイベントは、寒さも吹き飛ばす熱い歓声で多いに盛りあがりを見せた。(この模様は1月28日(木)15:00からα-STATIONにて放送予定) いよいよ明日、バラードコレクションアルバム「WINTER of LOVE」を発売する倖田來未。彼女を代表する珠玉のバラード全17曲が収録された今作は、スマプラ特典映像に360°見渡すことができる新感覚のミュージックビデオ「Dance In The Rain」やスマートフォン向け縦型ミュージックビデオ「On And On」を収録と、これまでにはなかった新たな音楽の聴き方でより幅広いシーンで楽しむことができる作品になっている。常に新しいことにチャレンジする姿勢は2016年も健在だ。 約半年後、会見が行われた京都ロームシアターにて自身初の47都道府県ツアー・京都公演が開催されるが、地元・京都でどのようなステージを魅せるのか、ファンのみならず、彼女自身も非常に楽しみにしているに違いない。