AKB48 チーム8が大躍進の予感
「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」が、1月16日(土)から18日(月)までの3日間にわたり、TOKYO DOME CITY HALLにて開催された。 最終日は20位から1位の発表となり、人気曲が上位に集中することが予想された。 発表がスタートすると予想外の曲が上位にランクイン。結果、1位は松井珠理奈のソロ曲『赤いピンヒールとプロフェッサー』となりファンの間でも意外な楽曲に驚きの声が上がった。 そんな中、ファンにとって一番のサプライズは、昨年は11位だったチーム8の『47の素敵な街』が、今年は何と2位を獲得したことだろう。イントロが流れたところで涙を浮かべていたメンバーも多くいたが、しっかりファンの期待に応えて最後まで歌いきった。チーム8は、全国でイベントやコンサートを定期的に行ない、着実にファンを増やした。昨年の秋に行われた「AKB48大運動会」でもチーム8は、ぶっちぎりの1位を獲得して見事に優勝し、存在感を出していた。 これからのAKB48の代表曲となりそうな3位の『365日の紙飛行機』を抑えて2位になったことは大きな評価を得られるだろう。 大舞台で歌った後にチーム8メンバーは感想を聞かれると、最年長の太田奈緒(京都府)は「この曲と一緒にこれまで全国を周ってきたのですけど、私たちにとって初めてのオリジナル曲で、本当に思い入れがあって、そんな曲を皆さんが好きでいてくれはってすごく嬉しいです。本当にありがとうございました」。坂口渚沙(北海道)は「去年は11位でしたけど、今年は2位という順位をもらえたことがすごいことだと思います。でも1位を獲れなかったのは悔しいです。来年こそは絶対に1位をとりたいと思います。でもこの2位という順位に誇りを持っています」。中野郁海(鳥取県)は「チーム8は特殊で、こうやってAKB48さんのコンサートに出るのもすごい緊張するのに、しかもベスト3でした。舞台裏で泣きそうでしたけど、こんな私たちに素晴らしい順位をくれてファンの皆さんありがとうございました」とそれぞれコメントした。 AKB48は10周年を迎え、春には高橋みなみの卒業も決まり、2016年はAKB48にとって大きな転換期になることだろう。 チーム8がこれまで以上に躍進して行くことは十分に考えられる。2016年はに期待をして注目したいと思う。 写真(C)AKS