Synk;yet 最新シングルは「七つの大罪」がテーマ
「罪と狂気」をテーマに活動を続けている、ヴィジュアル系シンフォニックゴシックラウドバンドのSynk;yet。彼らが2月3日(水)に通算6枚目となるシングル『悦楽の底へ産み落とされし大罪のワルツ』を3-Type発売する。今回の作品に据えたテーマが、「七つの大罪」。その題材について、メンバーは以下のように語ってくれた。 「Synk;yetが描き続けてきた「罪と狂気」という題材を突き詰めてゆく中、さらに「人の心の奥に潜む悪な感情を表現したい」と思い、そこから導き出したのが「七つの大罪」というテーマでした。「七つの大罪」には、悪魔の姿も投影した「七つの罪源」があります。それを、莉希は”傲慢”なルシファー、唯依葉は”色欲”のアスモデウス、栞は”憤怒”なサタン、俐乃は”強欲”なマモン、皇司は”怠惰”なベルフェゴールと、メンバーのヴィジュアル姿にも投影。シングルに収録した『悦楽の底へ産み落とされし大罪のワルツ』『Grimoire』『天使が見た世界』の3曲にも「七つの大罪」に連なる物語を描き、この作品自体を1枚のコンセプト盤として作りあげました」(莉希) 楽曲面に於いても、『悦楽の底へ産み落とされし大罪のワルツ』には、スケールあふれたSynk;yetらしさを前面に描き出したシンフォニックゴシックラウドな音楽性を提示。『Grimoire』では、莉希が怒声(グロウル)し続ける激情極悪なスタイルを。『天使が見た世界』では、美しい旋律や歌声広がる開放的な表情を描きだし、バンドの器の深さも見せてきた。 Synk;yetは、2月4日より「11大都市単独公演『悦楽の底へ産み落とされし大罪のワルツ』」をスタートさせる。昨年も彼らは「自責ノ園」と題し、全国七大都市でワンマンツアーを実施。各会場毎に異なる”1曲入り会場限定CD”を発売してきた。その時点からSynk;yetは、今回の「七つの大罪」に繋がる布石を打っていた。 「今回の11都市単独公演には、昨年行った七大都市ツアーでまわった会場がすべて入っています。昨年、各会場ごとに異なるCDを限定発売したとはいえ、まだライブで披露してない曲たちも多いことから、今回は、然るべき楽曲を然るべき会場で演奏したいなと思っています。昨年七大都市をまわったのも、「七つの大罪」というテーマに対する布石としてのこと。今回、11大都市を『悦楽の底へ産み落とされし大罪のワルツ』と題してまわることに、この先のSynk;yetへ繋がるどんな意味が隠されているのか?!。その辺も探りながら、今回のツアーを楽しんでいただけたら嬉しいです。もちろん、ファイナル会場となる5月3日・恵比寿リキッドルームはバンドにとっても大きな挑戦の場。Synk;yetが更なる上のステージへ進むためにも、かならず成功させます」(栞) 2月10日(水)には、MV集『dimension of vision 2』も発売する。中には、今や入手不可能な映像も入っているように、貴重な作品になりそうだ。先にメンバーが語ったような長いスパンで大作物語を描いてゆく様もSynk;yetの持ち味だが。同時に、1本ごとの映像作品にも” 一話完結”の物語を描いているように、ぜひご覧になっていただきたい。 「今年のSynk;yetは挑戦ではなく、計画はすべて叶うという確信を持って行う」(俐乃)と(個人的な願望として)語っているように、現在描き続けている躍進の物語へSynk;yetがどんなドラマチックな場面を加えてゆくのか、これからの動きをぜひ楽しみにしていて欲しい。いや、その物語に参加し、あなたも重要なキャストの一人として居続けてもらいたい。 TEXT:長澤智典