指原莉乃ソロ曲で向井地美音が人生初挑戦
「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」が、1月16日 から18日までの3日間にわたり、東京ドームシティホールにて開催される。9回目で初めて「AKB48単独」と「AKB48グループ」に分かれ今回のリクアワは開催される。 オープニング曲となった100位は『思い出のほとんど』。前田敦子が卒業する際に高橋みなみと歌ったバラード曲を、同じく1期の小嶋陽菜と峯岸みなみが歌い2016年のリクアワの幕開けとなった。 94位には『チャンスの順番』がランクインし 、現じゃんけん女王の藤田奈那がセンターに。藤田はソロデビューして変わったこととして「一人の現場はお弁当が豪華」とソロデビューできた彼女ならではのエピソードトークで笑いを取った。 投票で曲順が決定するリクアワでは、同じメンバーが続けて出演することも多く、衣装替えの時間にMCコーナーが急遽入るのも醍醐味。中でも異彩を放ったのが、宮崎美穂の冠トーク番組「みゃおの部屋」。 最近メンバー内で話題になっているという山田菜々美(チーム 8・チーム A 兼任)をゲストに迎え奇妙すぎる動きや不思議なキャラクターを明らかにした。 夜公演の幕開けの80位はアルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録されている指原莉乃のソロ曲『切ないリプライ』。この曲が大好きだと語る向井地美音が、人生で初というソロに挑戦した。 79位『ラブラドール・レトリバー』、77 位『ヘビーローテーション』などのヒットシングルが早々に登場するのは、大ヒットしたシングル曲以外の楽曲が毎回上位に食い込むリクアワならでは。終盤には、渡辺麻友の「純情ソーダ水」が 63 位、柏木由紀の『よわむしけむし』が61位と、ソロ曲がそれぞれランクインした。 写真(C)AKS