NMB48映画 舞台挨拶にHKT48乱入!指原監督「相乗効果期待して」
NMB48のドキュメンタリー映画「道頓堀よ泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48」の完成披露上映会と舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、NMB48メンバーから山本彩、渡辺美優紀、白間美瑠、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、太田夢莉、そして監督の舩橋淳氏が登壇した。 同じ日に大阪・難波でも完成披露上映会が行われたが、観客の中には後を追って大阪から東京へメンバーとともに上京したファンも大勢見受けられ、大きな声援を送っていた。 「今までの自分たちの活動をこうやって映画にしていただけるのはとても光栄。家族のような存在でいつも支え、見守ってくださっているファンのみなさんに見ていただけるのは嬉しいです」と感激の山本。渡辺は「ふうちゃん(矢倉楓子)の涙が同じメンバーとしてグッときました。見てほしいシーンは『ドリアン少年』のPV撮影中のリハで私一人だけサングラスしてたところです♪」と微笑み、会場が和んだ。 さらに白間はMCから「矢倉さんとの関係でプレッシャーとかなかったですか?」との問いに「プレッシャー…ってなんですかね?」と意味を渋谷に訪ね、メンバーが慌てる場面も。しかし「昔は”お姉さん”方に任せきりだったのでなかったのですが、最近は”自分の力でやっていかな”って思うようになってからは感じてます」とのしっかりした答えに、渋谷から「感じてるやん♪」とツッコまれ、山本からも「それがプレッシャー言うねん」と言われ「これか!プレッシャーは!」とNMBらしいやり取りに会場は爆笑だった。 太田は映画でも映し出された山本とのエピソードについて「歌、ダンス、パフォーマンス、表現力においてパーフェクトなのに、さらに後輩の面倒見も良いなんて、なんでこんな素晴らしい人が総選挙6位なんだ!と思いました」と熱い気持ちを吐露し、メンバー、会場から拍手喝采を浴びていた。 そこへ、同日同場所で舞台挨拶を控えていたHKT48のメンバー(指原莉乃、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子)がサプライズで乱入し、会場は騒然。「おじゃましまーす。びっくりした?NMBが舞台挨拶やってると聞いて、相乗効果でお互い良くなればいいなって、来ちゃいました!」と指原。山本は「さっきLINEしたのに、そんな感じなかったんで…」と驚きを隠せない。指原はNMB48と同日公開の映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」で監督を務めているが、登場した衣装は制服でなくジャケット姿。山本は「かっこいい、支配人の次は監督て」と羨望の眼差しを送り、さらに「いつか大統領になるんじゃないですか?」と天然な渋谷に「国変わっちゃうけどいいのかしら?」とツッコんでいた。 指原は「一足先に私も(映画)見させていただきましたけど、”ここまで言っていいのー”みたいな衝撃なシーンもあってさすがNMBだなと思いました。全然ジャンルも違うし、”涙の意味”も違うし、是非両方見てください!」とアピールした。 最後に山本も「普段では見せないような葛藤や悩みが詰まっている映画になっています。でもこういう”泥臭い”部分や生き様をを見せることで、応援していただいている方も、まだ知らないという方にも何か心に残ってくれたらと思います。けっこうネタバレしてるんですけど、言うとなぎちゃん(渋谷)が怒るので(笑)みなさんお願いします」と笑顔で締めた。   道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48 公開日:2016 年1 月29 日(金) 監督:舩橋 淳 企画:秋元康 出演:NMB48 (C)2016「DOCUMENTARY of NMB48」製作委員会 尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 公開日:2016 年1 月29 日(金) 監督:指原莉乃 企画:秋元康 出演:HKT48 (C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会