フィッシュマンズ25周年 ベスト盤がリニューアルして再発売
1991年4月21日にヴァージンジャパンよりデビューし、ボーカリスト/コンポーザーの佐藤伸治が1999年に急逝するも、その後もリーダーであるドラマー茂木欣一(現TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA)を中心に不定期ながら各地フェス等でライブを行ない、未だ多くのミュージシャンやクリエイタ―、そして新たなリスナーからの支持を広げている偉大なる孤高のバンド、フィッシュマンズ。 デビュー25周年となる2016年は、ポニーキャニオン、ユニバーサルミュージック2社の連動企画にて、アニバーサリーイヤーを盛り上げる新 作含むリリースやライブツアーなど新たな動きが目白押しとのこと。その第一弾情報として高音質&廉価でのベスト盤、そしてアナログ盤BOX他 の発売が発表になった。 4月6日、フィッシュマンズの全キャリアを網羅したベスト『空中』『宇宙』を廉価&高音質/紙ジャケット仕様にリニューアルして、ユニバーサル ミュージックとポニーキャニオンから期間限定盤で同時リリースされる。 2005年に両社から同時発売された2枚のベスト盤を、デモテイク等が収められていたDisc2を除いて高音質フォーマット(ユニバーサル ミュージック盤:SHM-CD/ポニーキャニオン盤:UHQCD)&紙ジャケット仕様に変更の上、選曲と監修を担当した茂木欣一による新たな書き下ろしライナーノーツも追加して、各\2000(+税)での同時発売が決定。 2016年末までの期間限定生産で、更に予約/先着購入特典として25周年を記念して制作される缶バッジもそれぞれ用意。特典は数に限りがあるので早目のご予約を。 『空中』は朝から夕方まで、『宇宙』はそれ以降から夜明けまでのフィッシュマンズの時間を想い茂木が選曲しており、続けて聴いてほしい「対」のようなベスト盤となっています。未だ増え続ける新たなリスナーへの入門編としてもおすすめだ。