ディズニー/ピクサー最新作EDがKiroro『Best Friend』に決定
恐竜なのに怖がりのアーロと、体は小さくても怖いもの知らずの少年スポットの友情の絆を描いた感動のアドベンチャー・ファンタジー、ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』(3月12日(土)日本公開)。 初めての友達、初めての冒険―。心揺さぶる感動のすべてを集めた映画の日本版エンドソングとして、Kiroroの名曲『Best Friend』が決定した。「『Best Friend』の歌詞が、まさに、アーロに寄り添い、彼を優しく見守り続ける少年スポットと、力を合わせ前に進んでいく2人の絆を歌っているのではと感じました(ディズニースタッフ)」と語るように、いつも隣で支えてくれる「友だち」への想いを歌ったKiroroの名曲が、その感動を一層盛り上げることになった。 今回、2001年のリリースから15年の時を経て新たにレコーディング、『Best Friend ~Mother Earth Version~』が誕生した。そしてこの新録音源『Best Friend~Mother Earth Version~』を収録した企画ベストアルバム『子供といっしょにききたいキロロのうた』が3月9日リリースされる事も決定、Kiroroとしては7年振りとなる待望の作品となる。 沖縄で3人ずつ子供を持つKiroroの2人が子供に聞かせたい、子供と一緒に歌いたい楽曲をセレクト。伝えたいメッセージ、親しみやすいメロディー、身体を動かしたくなるリズム、楽しく歌える言葉。そんな楽曲を今までリリースしてきた曲の中から選曲した、企画ベストアルバムだ。2008年に発売したシングル『幸せの種 ~Winter version~』『みんなあなたを愛してる』のアルバム初収録曲やボーナストラックとなる新録音源『おやすみのうた』含む全11曲収録予定。 そして今回のリリースを記念して『Best Friend ~Mother Earth Version~』のレコーディング風景を収録したトレーラー映像がYouTubeで公開されたのでいち早くチェックしてください。3月12日(土)の映画公開まで更なるトピックスニュースが随時紹介されていく予定なのでお楽しみに。