NGT48初日公演でメンバー号泣
1月10日、NGT48劇場が新潟市万代地区の商業施設「ラブラ 2」にて、グランドオープン。初日公演として、NGT48にとって初めてチーム「チーム NIII」のメンバー16名がお披露目され、1st公演 「PARTYが始まるよ」を披露した。 お披露目イベントから約五ヶ月。初日公演のオープニングは、ゴールを迎えた今村劇場支配人による「繋げ! AKB48劇場の魂を! NGT48今村の東京→新潟 ⽇本縦断354km行脚!」プロジェクトの映像からスタート。NGT48劇場が秋葉原にあるAKB48劇場の魂を継承していくことを再確認する形となっ た。 ファン投票の結果も反映しメンバーとスタッフで話し合いで決めた公演「PARTY が始まるよ」では、NGT48劇場の特徴のひとつである「可動式 LED パネル」が開くと、NGT48初のチームとなるチーム NIII メンバー16名がステージに。公演の為に新調された衣装で登場した。 MCコーナーでは、NGT48誕生に伴い移籍したキャプテンの北原里英は「新潟の女になりました!」と 笑顔で宣言。高倉萌香は挨拶でいきなり号泣し、他のメンバーが「わー!大丈夫だよ!」と駆け寄って落ち着かせる場面も。 ユ ニットのコーナーは、NGT4 最年少の小熊倫実と北原の“11 歳差”の『クラスメイト』、NGT48イチの歌唱力を持つと言われる佐藤杏樹が柏木由紀とともに美声を披露した『あなたとクリスマスイブ』、またアンコー ル明けには、新潟ということで SDN48『佐渡を渡る』を披露した。 『唇にBe My Baby』では、NGT48 のアクロバットガール加藤美南が「前宙より高度な技」と語る「側宙」を披露。この技は劇場公演限定で披露することを公約した。 【今村悦朗(NGT48劇場支配人)】 新潟県民の皆様、ファンの皆様、本当にお待たせしましたが、ようやく劇場をオープンすることができ ました。ありがとうございます。メンバーみんな、本当によくやってくれました。メンバーを称えたいと思います。これから、もっといい公演になるよう、メン バー、スタッフ、よりいっそう頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いします。 【北原里英(NGT48 キャプテン)】 NGT48を新潟県の皆様に愛される場所にしていくことはもちろん、県外の方からも足を運んでいただけるような場所に劇場がなったらいいなと思います。お 米やお酒などに並ぶくらいに、新潟の名物に NGT48がなれるように頑張ります。まさかAKB48に入って8年で、新しいグループの新しいステージに立てるなんて思ってもみなかったです。この綺麗 なステージを、NGT48 メンバーの汗でどんどん汚していきます。 【加藤美南】 8月にお披露目イベントを行いましたが、ここ NGT48 劇場で公演を行った今日の日が本当のスタートだと思っています。これからのNGT48 に期待してくれるファンの方はもちろん、新潟県民の皆様と一体になって全国に羽ばたいていく為に、まずはこのステージで輝けるように頑張っていきたいと強く思いました。 写真(C)AKS