NGT48劇場オープン前日にセレモニー、北原里英「明日が本当のスタート」
1⽉10⽇(⽇)に、NGT48劇場がグランドオープンとなる。これに伴い、マスコミ向けのオープニングセレモニーが⾏われ、エントランスからロビーまでが⼀般にも公開された。 メンバーを代表して、北原⾥英(NGT48 キャプテン)と柏⽊由紀(AKB48 兼任)が参加。来賓として、篠⽥昭新潟市⻑と、ラブラ2を運営する三井不動産の広川義浩執⾏役員も出席。エントランス横には、公演に来られた来場者に⾚いボールを⼊れてもらい約25,000 個が溜まると「NGT48 劇場」の⽂字が浮き上がる仕組みを設けられている。セレモニーでは、4 ⼈から記念すべき最初のボールが⼊れられた。 セレモニー後には、マスコミだけでなく⼀般にもロビーまでが解放され、⼀部ではありますが、NGT48劇場の内容が明らかに。ロゴや⾐装と同じく⽩と⾚を基調としたデザインで、これまでの活動のメンバーのオフショットを⼤きく壁⾯にあしらうなど、他の劇場とは違った趣向になっています。また⼥学園をイメージして、メンバーのメッセージを書く⿊板や、下駄箱をイメージしたロッカーが設置されている。なおステージ場内は明⽇の公演初⽇に公開される。 また、ラブラ2 の1 階と2 階のスペースを利⽤して、メンバーが市内の宮浦中学校の合唱部と『恋するフォーチュンクッキー』を歌うサプライズイベントも実施。買い物に訪れていた館内の来場者に、挨拶代わりのパフォーマンスを⾏った。 <北原⾥英(NGT48 キャプテン)> 当初のオープン予定からだいぶ遅れてしまってのオープンになりましたが、その分、とても素敵な劇場が出来上がったと思っています。やはり、AKB48 グループは劇場が原点だと思うので、明⽇がNGT48の本当のスタートだと思っています。このNGT48 劇場とグループが新潟県全体で、そして⽇本全国から愛されるように頑張っていきたいと思います。 <柏⽊由紀(AKB48 兼任)> いよいよ明⽇NGT48 劇場がラブラ2 にオープンしますので、県内の⽅にはお買いものついでに覗いてみようかなと気軽に⾜を運んでいただけたらと思います。県外の⽅にはNGT48 をきっかけに新潟県まで⾜を運んでいただけたら嬉しいと思います。この劇場から、新潟県の良さを全国に発信していきたいと思います。よろしくお願いします。 (C)AKS