夏の魔物「めちゃ×2イケてるッ!」エンディングテーマに決定
1月20日にポニーキャニオンから発売される夏の魔物のメジャー2ndシングルのリード曲『東京妄想フォーエバーヤング』のミュージックビデオが公開された。監督は、氣志團やフジファブリック、フレデリックなど多くの作品を手掛け、話題を集める映像作家のスミス。 「東京」をテーマに作られた今回の 楽曲のMVは、メンバーが都内を歌い歩くシーンや、様々なカルチャーを敬愛するグループの主催・成田大致の発案のもと、作品中に多くのパロディやオマージュが散りばめられている。またゲストとして、楽曲にもラップで参加したTOKYO No.1 SOUL SETのBIKKEが出演した。今回の夏の魔物のシングルは両A面となり、今回発表された『東京妄想フォーエバーヤング』は作詞を『ここは退屈迎えに来て』『アズミ・ハルコ は行方不明』などで知られる小説家の山内マリコが担当。作曲とギター演奏を曽我部恵一が手掛け、編曲は東方アレンジシリーズで知られる IOSYSのARMが行っている。 さらに、『東京妄想フォーエバーヤング』が、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の2016年のエンディングテーマに決定したことが本日発表された。本日9日(土)の放送分より1年間オンエアされる。このエンディングテーマ決定を受け、メンバーの成田は、「青森にはフジテレビ系列が映らず、深夜番組だっためちゃイケ。あのテロップ、ナレーション…すべてが自分の糧になっているし、青春が詰まっている。めちゃイケメンバーのような《仲間》にずっと憧れていた俺だが、昨年ようやく信頼 できるメンバーと巡り会え、こうしてエンディング テーマになれて本当に嬉しいです。願わくば、あの頃のWhiteberryのようにいつかこの曲をめちゃイケメンバーと一緒に歌いたい!!!!今年の夏の魔物のステージで、よろしくお願いしますッッッ!」とコメント。 夏の魔物は、今月20日に2ndシングルを発売、それをひっさげ24日に初のワンマンライブを開催する。2016年に入り、早くも快進撃を見 せる夏の魔物。主催フェスである『AOMORI ROCK FESTIVAL 2015~夏の魔物~』の10周年イヤーとなる今年、夏の魔物の動きからは目が離せない。