指原莉乃がメンバーと見せた涙、初監督作品で感じるHKT48の可能性
指原莉乃の初映画監督作品「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」のポスタービジュアル、予告編が同時解禁された。 予告編では、いままでにファンも見たことがないような、涙だらけで苦悩をするHKT48メンバーが映しだされ、大反響となっている。 しかも、今回のタイトルは「尾崎支配人が泣いた夜」。予告編を見る限り「ふざけてつけたタイトル」とは思えないことから、スタッフも大いに交えた作品となるのだろう。 2015年は大躍進を遂げたHKT48。48グループでもNGT48が稼働するまでは末っ子グループとして、「かわいい」「元気」「明るい」「若い」が売りのグループだった。そのイメージは今回の予告編では確実に覆される。 過去の「DOCUMENTARY of~」シリーズでは、卒業やメンバーの苦悩を赤裸々に映しだし、AKB48ファン以外にも大反響を受け「そこまで映さなくても」とファンや関係者の間でも波紋を呼んだ。この流れは「DOCUMENTARY of HKT48」でもシッカリと受け継がれているようだ。 HKT48には、指原莉乃の「突然の移籍」以降はメンバーの卒業などがあったとはいえ、そこまで大きなドラマはなかった。なので、指原加入まではそこまで波乱万丈なドラマもなかったのだ。 その指原が「ハロプロヲタク」としてのアイデアやAKB48時代に培ったノウハウを生かし、各メンバーをシッカリとキャラクター付けしメディア露出を増やし、コンサートやLIVEでは指原も意見を多大に出した構成で往年のアイドルファンをも唸らせるパフォーマンスを魅せ、一気に評判を上げていった。 そんなHKT48の歴史の中で、「誰も立ち入ることのできなかった未知なる領域へ」と宣伝でも謳っている今回の作品。というのも、監督である指原が自らスマートフォンなどで撮影した生の映像、またインタビューも使用されているということで、いままでの「DOCUMENTARY of~」シリーズで見られた「映画監督」と「メンバー」という撮影する/される立場よりも踏み込んだものになっている。予告を見ただけでも、自分たちの実力不足を嘆き涙しているメンバーが多数見受けられる。 ここまでHKT48が躍進したのは、宮脇咲良や兒玉遥など個々のメンバーの活躍もあったが、大きな部分では指原莉乃のパワーに頼ったところが大きい。 去年の紅白落選についても「私の力だけでは出られないのが紅白なんだなと思った。だからメンバーに来年はみんなが紅白に連れて行ってください」とメンバーへ話したという指原。 今回の「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」を通して、指原はメンバーへ、ファンへ様々なメッセージを投げかけてくるだろう。その思いをメンバーがどう受け取り、ファンはどこまで理解できるのか?今後のHKT48大ブレイクの可能性はこの映画にかかっているかもしれない。 (武田瑠羽) 「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」 2016年1月29日(金) 監督:指原莉乃 企画:秋元康 出演:HKT48 上映時間:119分(予定) 配給:東宝映像事業部 (C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会